アンドロイドアプリレビュー

【書評】 堀江貴文著「君がオヤジになる前に」

堀江貴文氏(ホリエモン)といえば、先月エックスドロイドでもお伝えしたとおり、実刑判決が確定したばかり。そんな堀江氏が昨年10月に上梓した本がAndroid版の電子書籍として発売されている。タイトルは「君がオヤジになる前に」(徳間書店)。

内容は「25歳、28歳、32歳、35歳の君へ」という各年代別に向けた氏の提言から成り立っている。タイトルにもあるように「思考停止したオヤジにならないための人生訓」が詰まっている。

起業のメリットから、ツイッターの有効な活用法、テレビを観ることがいかにムダか、また「離婚のすすめ」や「耐えること、苦労することはもはや古い考えである」とする堀江氏の主張は、いくぶん強引なところもあるのだが「なるほど」と納得させられる。

また、ここがこの本のキモだと思うのだが、「商品を売るには自分より情報リテラシーの低い層をターゲットにしろ」と氏は主張する。

また、プライベートな堀江氏の本音も告白されているのも興味深い。離婚後の辛さ侘しさや、死を極端に恐れていること。仕事を通じて知りあった友人との付き合い方は間違っていたのではないかと何度も自問を繰り返している。「金があれば何でも手に入る」と豪語していた氏の考えに揺らぎが見える瞬間である。

表紙イラストは「カイジ」「アカギ」などの著者・福本伸行氏。巻末にはその福本氏と堀江氏との対談も収録されている。

電子書籍としての使い勝手はいい。お気に入りのセンテンスをチェックでき、わからない単語をマークしてWEB検索をタップすれば、インターネット経由で単語の意味を検索できる。また画面上下にメニューが出現し、用途によって様々な機能を使うこともできる。

起業を目指す人にとってはこれ以上ない啓発本ではないだろうか。とにかく国策逮捕されるような希代の天才経営者のエッセンスが、余すところなく含まれている。これを読んで実践できれば、一点突破も可能だろう。(佐々原 聡)

おすすめサイト