アンドロイドアプリレビュー

月に5,000万円を稼ぎ出す驚異のアプリ「Paper Toss」

紙くずをフリックして、ゴミ箱にポイッと捨てる。
この「Paper Toss」はただそれだけのゲームです。

実際にオフィスでゴミを投げていたら、上司に怒られますが、スマートフォンでなら、かんたんに息抜きができます。
ゴミ箱めがけてポイッとすると、ゴミが飛んでいきます。

なぜか必ず扇風機が置いてあるので、風の影響を考慮して投げましょう。
それにしても、かなり強風(笑)
書類が舞ってしまわないのでしょうか?
風速5メートルって、かなりの風力ですよ……ゴルフじゃないんだから。
大丈夫なのかなこの会社(笑)
と文句を言いつつも、風量5以上のとき、ビューンと大カーブをさせてゴミ箱に入ると、ヨシッと喜んでしまう(笑)

とても出来が良いので、とりあえず入れておくのがオススメ。
ふと思い出したときに、気楽な暇つぶしを提供してくれる、スマートフォンにぴったりの素朴なゲームです。
なぜか空港でもシュートできます。

背景が美しいことに目をとられがちですが、サウンドやSEもかなり本格的。
ゴミ箱に入ったときの効果音がとても気持ちいい!
トイレではどこからともなく「ジョボジョボジョボ」と、排尿の音が聞こえてきます(笑)

iPhone版も人気のあるこのアプリは、昨年10月の時点で「4750万台のiOSにインストールされ、550万台のAndroidにインストールされた」んだとか。
そして、その広告収入は「月間50万ドル(約5,000万円)」というから驚異的数字です。
Twitterを見ていたら、こんな情報を発見!
飲んでいるとき、交代で『Paper Toss』をやってみたら、バッテリーがなくなるまで盛り上がってしまったそう。
なるほど多人数プレイもいけるんですね。
奥が深いアプリです。本当に。
(マリオ・アンドロッティ)

post-847_t

Paper Toss

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 無料
デベロッパ名 Backflip Studios Inc.

おすすめサイト