コラム

ガラケーからAndroidへの乗換え講座 :au編

ガラケーからAndroidへの乗換え講座。第2回となるauの端末について紹介するまえに、そもそも「スマートフォンの魅力とはなんぞや?」という話をしたい。

スマートフォンというとiPhoneのような形状を真っ先にイメージするが「タッチパネルがついている」、「大きなディスプレイがある」などの明確な条件や定義があるわけではなく、ただ単にインターネット接続が可能で、PDA(携帯情報端末)の機能を持っている高性能な携帯電話のことを指す。広い意味では現在のガラケーも充分スマートフォンに近い能力は持ち合わせているわけだが、それはまた別の話。

スマートフォンの魅力は、端的に言えばインターネットも含めた高い情報処理能力にある。Webサイトの閲覧、高精度な地図+GPS機能を使ったナビ機能、ツイッターやmixiなどのSNSなどを手のひらサイズで簡単に、そして大きなディスプレイによる圧倒的な情報量で使えるわけだ。
そして、ガラケーと決定的に異なるのがアプリの存在。キャリアを通さずに個人レベルで制作・公開できるスマートフォンのアプリは量・質ともに圧倒的だ(2011年3月でのAndroidアプリの数は25万本以上)。電車で寝過ごさないように目的地に近づいたら起こしてくれるアプリ、スケジュールやToDoリストを管理するアプリ、家計簿に料理のレシピの管理を行うアプリ、写真にさまざまなエフェクトを付けられるアプリ……というように、老若男女、世代や生活環境を問わず役立つであろうアプリがたくさんある。

カーナビ顔負けのナビ機能に加え、近くのレストランや居酒屋、ガソリンスタンドなどもすぐに探せるGoogleマップ。 まさにスマートフォンならではのアプリだ

スマートフォンに乗り換えたほとんどの人が「バッテリーの持ちが悪いとか不満な点もあるけど、もうガラケーには戻れない」と語るように、日々の暮らしを高いレベルでサポートしてくれるのがスマートフォンの最大の魅力だといえるだろう。

さて、前置きが長くなってしまったが、auのガラケーとスマートフォンの料金を比較してみよう。基本的にはパケットの分が上乗せになる形なので、ほとんど差がないことがわかるだろう。

auのガラケーの月額料金体系

サービス名こそ違うものの、ドコモと料金は横並びとなっている

auのスマートフォンの月額料金体系

パケット定額の「ISフラット」はまさにスマートフォン向け。また、家族割なども適用すればさらに安くすることも可能

auのAndroidケータイの最新端末は4月15日に発売した「htc EVO WiMAX ISW11HT」。いままでauで出てきたシリーズと違い、初の海外端末ということで、赤外線通信やおサイフケータイ機能などは付いていないが、日本で唯一WiMAXによる爆速ネット通信が可能なケータイとなっている。少々クセのある機器ではあるものの、その衝撃たるやまさに革命的で、当サイトの記事スマホのネット接続に革命を起こすHTC EVO WiMAX『HTC EVO WiMAXで初めてのスマホ体験記!! ! を読んでいただければその一端がお分かりいただけることだろう。

ヘビーユーザー向けだが、WiMAX通信が最高に魅力的なhtc EVO。パソコンと接続してモデム代わりにできるテザリングもOK!

auのスマートフォンは、端末によってターゲットがハッキリしているのが特徴で、コンパクトで軽量な、女性にも向いている「IS05」、「SIRIUSα IS06」、高性能カメラに防水機能を備えたスペック重視の「REGZA Phone IS04」など、好みに応じて選べるのが特徴だ。

なお、auショップ、量販店いずれも品切れはほとんどないとのこと。価格は「htc EVO WiMAX ISW11HT」が機種変更で32,250円、「IS04」、「IS05」がいずれも2万円台後半、「IS03」、「IS06」は各種割引サービスで実質0円で入手可能となっている(価格参考:auショップ渋谷店)。オススメは万人向けな「IS04」、安く購入したいなら、4月にOS2.2にアップデートしたIS03もいいだろう。
スマートフォン競争では1歩出遅れた感のあるauだが、夏モデルでXperia acroが登場するという情報もあり、今後の展開も楽しみである。

コンパクトで持ちやすい「IS05」。カラーバリエーションも女性をターゲットとしている

次回はいよいよ最終回。ソフトバンク編だ!(文・岡嶋佑介)

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト