アンドロイド関連ニュース

30代の半数が電子書籍を利用!!? 矢沢永吉「成り上がり」等、隠れたベストセラーも

スマホの普及に伴い電子書籍の利用率も急上昇中だ。先日、ジャストシステムが公開した資料によると、35歳~39歳男性の3割が「電子書籍を利用している」と回答。「利用する予定である」(8%)、「利用について検討しようと思う」(12%)を含めると全体の約半数が電子書籍に興味を持つユーザーという結果になった。

電子書籍の配信プラットフォームは様々だが、特に30代の男性スマホユーザーの間で定着が進んでいるのがアマゾンのキンドルだ。

「以前からアマゾンを利用していたユーザーなら、面倒な会員登録の必要なく使えるのが第一の利点。キンドルというと専用端末で読むものというイメージもありますが、実はユーザーの大半はスマホのアプリから閲覧している。エロコミックや官能小説も豊富にラインナップされていることから、特に男性利用者のニーズをつかんでいると言えます」(電子書籍に詳しいライター)

ランキングでは堀江貴文の「マンガ『刑務所なう。&わず。』完全版」といった最新刊も目立っているが、矢沢永吉の「成り上がり」、AV業界の裏側を詳細にリポートした「職業としてのAV女優」なども隠れたベストセラーとして定着。いずれも数百円で楽しめる手軽さで人気となっている。

そんな好調なキンドル市場向けに書き下ろしのちょいエロ書籍をリリースする流れも活性化してきた。「面白すぎる徳川将軍の性癖」(キニナルブックス)は、その名の通り歴代の徳川将軍の下半身事情をレポートした歴史ノンフィクション。

「飯を食うように女を抱いていた」と伝えられ、戦場にまで愛人を同行させていた徳川家康をはじめ、美人尼に一目惚れしてのめりこんだ三代将軍・家光。勃起薬としてエジプトからミイラの粉末を取り寄せていた四代将軍・家綱といった具合に、他の歴史書ではほとんどお目にかかれない興味深いエピソードが満載。紙の書籍にすると200ページは超えそうなボリュームだが、それがわずか299円という低価格で販売されている。

「軽く読める歴史モノは電子書籍では定番のジャンルですが、低価格でここまで充実した内容のものは珍しい。徳川家康の場合、単に好色だった訳ではなく、専用の薬箱には強壮剤を常備し、鷹狩りや水泳で常に体を鍛えるなど、現代のサラリーマンから見ても参考になるエピソードが満載です」(前出・ライター)

手軽に読めてオトコを磨くノウハウも入手できる。キンドルの男性向け電子書籍市場は今後もますます活性化していきそうだ。(EXドロイド編集部)

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

››EXドロイド編集部の記事一覧

EXドロイド編集部

おすすめサイト