アンドロイドアプリレビュー

Twitterで大流行の「パァ」を収集するゲーム 「パァ 〜話題の顔文字が放置ゲームアプリに!」が大人気

Twitterユーザーなら、「パァwww」という謎の顔文字を一度は目にしたことがあるだろう。この顔文字の元ネタをたどると、男女の別れ話中に、焦った男性が突如として「パァwwww」と誤爆メッセージを送ったことが発端の模様。そこから爆発的に拡散し、一時期はYahoo!の検索トレンドで1位になったりと、その人気は留まるところを知らない。

用途に特に決まりはなく、場の空気を盛り上げたいときや相手を煽るとき、あるいはこれまでの努力がパァといった使い方も当然される。その謎の雰囲気に中毒になるユーザーが続出中だが、そんな顔文字をモチーフにした放置ゲーム「パァ 〜話題の顔文字が放置ゲームアプリに!〜」が登場し、謎の高評価となっている。

内容としてはよくある収集ゲームと同じ。画面に出現する様々な種類のパァをスワイプで収穫、図鑑をコンプリートしていくというもの。フィールド上を縦横無尽に跳ね回るパァを収穫するたびに、男性の野太い声や、女性の可愛い声など、多様なボイスで「パァ」の声が響き、図鑑へ登録されていく様子はかなりシュールだ。

収穫するたびに、画面左上の「PAP(パァポイント)」が貯まっていき、これらを使用することで、パァの出現速度を上げる「スピードレベル」、レアパアを出す確率を上げる「レアレベル」などに変換可能。

「図鑑」を見てみると、一見するとどのパアも全部同じにしか見えないところに笑ってしまう。しかし、タップでプロフィールを確認すると、「こんにちはパァ」「いただきますパァ」など、レア度や名前もそれぞれ異なっていることが確認できるのだ。

パァは、絵文字が含まれた特殊な構成になっているため、作り方に手を焼く人も続出中。そんなユーザーのニーズを捉えたコピペ機能も、本アプリの嬉しい点だ。画面左下の設定マークから、「コピーする」をタップすれば、一瞬でパァのコピーが完了するので、ぜひ使用してみてほしい。

そんな具合に、ネットの流行をいち早く捉え、アプリ化したと言えるのが「パァ 〜話題の顔文字が放置ゲームアプリに!〜」。一定量パァが貯まるとプッシュで「パァwww」と通知がくるが、これもまた「ウザ面白い」とレビューで話題だ。単なるネタアプリかと思いきや、細部までしっかり作りこまれている点も人気の理由と言えそうだ。(近藤夢太)

おすすめサイト