アンドロイドアプリレビュー

自衛隊史上初の「陸・海・空」公認アプリ 「キミにエールAR」に未来の自衛官らが熱狂!!!

萌えキャラを起用した求人ポスターやお見合いイベントの開催など、おカタいイメージからの脱却を図りつつある自衛隊。4月26、27日開催の「ニコニコ超パーティⅢ」にも、自衛隊中央音楽隊が登場予定。ドラゴンクエスト10の「序曲」を演奏するとのことで、その活躍のフィールドも確実に広がりを見せているようだ。

そんな自衛隊が「陸・海・空、三幕公認」でリリースしたアプリが「キミにエールAR」。AR(拡張現実)技術を用いたカメラアプリで、撮影した顔を3Dの自衛官アバターに加工可能。自分に向かってエールを送ってくれたり、オリジナルのスタンプも作成可能といった具合に、自衛隊の本気度がうかがえる内容になっている。

トップ画面の「未来のキミを設定する」から、さっそくアバターを作成しよう。性別、自衛官になった場合の所属(陸・海・空)を選択し、最後に服装を選ぶ。各幕それぞれ3種類の服装があるが、どの衣装もかなりリアルに再現されており、さすが自衛隊公式と思わせる。

服装を選んだ後は、アバターに使用する写真を決定する。端末内の写真を取り込めるほか、アプリからカメラを起動して撮影することもできる。撮影する場合は、目や鼻、口の大体の位置が目安として表示されるが、実際はそれよりもう少し引いて撮った方が、より自然なアバターが出来上がるようだ。

しばらく待つと、ピシッと敬礼をしつつアバターが登場した。また、自衛隊員募集のページから、専用のマーカーをダウンロードしてかざすと、高らかなラッパのファンファーレとともに、3Dのリアルなアバターが飛び出してきた。「今日も頑張れよ(^。^)」と顔文字つきでメッセージが表示されるほか、「いい顔してるぞ」「向き不向きを考えるより自衛隊の学校を見てみよう」「海自の艦艇には神棚がある」など、エールからマメ知識、宣伝まで、様々なテキストが出てくるのが面白い。

その他、「未来のキミ スタンプ作成」からは、背景を自由に組み合わせて自分だけのスタンプが作成できるなど、かなり豊富な機能がつまっている。ユーザーレビューでは、

「息子がドルフィンライダー目指してるので、ドルフィンライダーのアバターもあったら☆5ですね♪」

との声もあり、未来の自衛官からも熱い視線が注がれているようだ(ドルフィンライダーとは航空隊「ブルーインパルス」のパイロットのこと)。そんな具合に自衛隊のイメージ戦略としても非常に興味深いアプリが「キミにエールAR」。その完成度の高さを一度実感してみてほしい。(近藤夢太)

post-69388_h

キミにエールAR

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,エンタメ
価格 無料
デベロッパ名 防衛省・自衛隊

おすすめサイト