アンドロイドアプリレビュー

抱腹絶倒の3D相撲ゲーム「Sumotori Dreams」 待望のアプリ版も超笑えると評判

「はっけよーい! のこった!!」。立ち合いから勢いよく飛び出すかと思えば、ヨタヨタとおぼつかない足取りで相手に向かっていくのはロボット力士。張り手をするも虚しく空を切り、そのまま無様に土俵に倒れこんでしまい、敗北。そして、相手の力士も倒れたキャラにつまづき、さらに倒れこみ……と、相撲と呼ぶにはあまりにお粗末なことになっている。

こんな珍相撲が遊べるゲームが、アンドロイドアプリ「Sumotori Dreams」だ。

「Sumotori Dreams」は3Dブロックで作られた力士が相撲を取るゲームだ。操作は前進、後退、張り手、諸手突きの4つだけ。といっても、ブロック力士はこちらも相手も、生まれたての小鹿のように満足に歩くことすらできない。ひどいときは、相手に近づくことはおろか勝手に倒れることすらあり、勝負は一瞬で決まってしまう。

だが、決着がついてもお互いに立って礼をするまで勝負は終わらない。一度転んだ状態から起き上がるのは至難の業で、勝敗が決まった後はお互いがコロコロと土俵の内外を転げまわることになる。この姿が非常に面白く抱腹絶倒だ。ゲームとしては単純極まりないが、笑えることだけは間違いなく保証できる。

しかし、このゲームがただの勘違いアメリカン相撲ゲームだと思ったら大間違い。PC版の「Sumotori Dreams」は2007年に、少ない容量で動作するプログラムの優劣を競う大会「BreakPoint」のゲームカテゴリー(96KB部門)において、1位を獲得した有名ゲームなのだ。96KBというと中程度の大きさのJPEG画像1枚くらいの容量。その中に緻密な物理演算を詰め込み、ブロック人間を操作できるようにしたのは凄いテクニックと言える。筆者もかつてPC版をプレイしたことがあったが、それから数年を経てスマホで再度お目にかかるとは夢にも思わなかった。

ユーザーレビューでは、

「1時間であきたけど1時間ずっと笑えた!買っても損はしません。」
「ゲームとしてムチャクチャ面白いんじゃなく、ムチャクチャ笑えます。そういう意味で最高!」
「ずっと爆笑していますw 階段のマップではコロコロ転げ落ちていて、つい笑っちゃいます」

と、ゲーム内容うんぬんではなく「どれだけ笑えたか」というコメントが目立つ。ニコニコ動画ではPC版の「Sumotori Dreams」のプレイ動画が公開されているが、再生数はなんと60万回を突破する人気ぶりだ。

とにかく腹がよじれるほど笑いたい、という人にぜひオススメのアンドロイドアプリが「Sumotori Dreams」。iOS版が100円で、アンドロイド版が143円なのは少々納得いかないが、お金を払う価値は充分あることは断言できる。ちなみに、メニュー画面で下の方を狙ってブロックを飛ばし、後ろにある木の板を割ると隠しモードに移行できるのでぜひ試してみてほしい。(岡嶋佑介)

post-69314_t

Sumotori Dreams

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 143円
デベロッパ名 gravitysensation.com

おすすめサイト