アンドロイド関連ニュース

初音ミクがグーグルグラスにやって来た!!! 前向き度を測るアプリ「Positive Suppli」が話題に

先週から一部で注目を集めたのが「秋葉原のショップで27万円のグーグルグラスが販売されている」というニュース。ネット上では「あまりにも高すぎる」「一体誰が買うんだ」という声もあがったが、販売開始から数日で3台中2台が売れ、4月7日の時点で「残りは1台のみ」とのこと。

グーグルグラスは現在、米国内の開発者向けに1500ドルでテスト販売を実施中。

「個人で輸入できないことも無いが、購入には米国発行のクレジットカードが必須。しかも、グーグルは米国外へ発送しないので、米国内の知人などに転送を依頼するしかない」(グーグルグラス情報専門サイト「Google Glass Info」編集部)とのこと。その手間を考えれば27万円払ってでも購入したいユーザーが居るのも不思議ではないだろう。

そんな具合に一般発売に向けて期待が高まるグーグルグラスだが、国内でも一部のデベロッパーがグラス向けのアプリ開発に乗り出した。中でも“世界初の初音ミクを起用したGoogle Glassアプリ”として話題なのが、「Positive Suppli (ポジティヴ サプリ) feat. HATSUNE MIKU」。

グーグルグラスがユーザーの顔の傾きを検知する機能を活かし「しっかり前を向いて歩くと、得点が加算されていく」「得点が高いほど、ミクさんが笑顔を見せてくれる」という仕様になっている。

“OK,Glass”の音声コマンドに続き”Start a Walk”と命令するとアプリが起動し、モニターの中に初音ミクが登場する。そのまま前を向いて歩くと得点が加算され、ポジティブレベルが上昇。元気そうなミクの画像とともに「ポジティブだね☆」という文言が表示される。

しかし、少しでもうつむき気味になると減点され、画面の中のミクも悲しそうな表情になってしまう。

開発者のあきたじゅん氏は“日本初のGoogle Glassデベロッパー”を名乗る個人開発者。スマホ向けARアプリ「山カメラ」や銀行ATM検索アプリなどの開発経験を元に、昨年からGoogle Glassアプリの開発に着手。他にも「Google Glassを機内モードで使うアプリ(Airplane Mode)」などのユニークなアプリを発表している。

Positive Suppli feat. HATSUNE MIKU」は非常にシンプルな機能のアプリだが、世界的人気を誇る初音ミクがグーグルグラスにデビューした意義は大きい。

先日は、ITジャーナリストの佐々木俊尚氏らが「ウェアラブル文化は日本がリードする」とのテーマでツイッター対談を開催したことも話題を呼んだ。日本のアプリ開発者のアイデアが、ウェアラブルの世界に新しい流れを生み出すことを期待したい。(EXドロイド編集部)

■協力:
Google Glass info

http://googleglass.blog.jp/

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

››EXドロイド編集部の記事一覧

EXドロイド編集部

おすすめサイト