アンドロイドアプリレビュー

LINEに次ぐ実力と噂 630万人が使う連絡ツール「らくらく連絡網」アプリ版が登場

サークルや団体、あるいは趣味の集まりなど、グループ間での連絡用ツールとして人気急上昇中のアプリが「らくらく連絡網」だ。今年2月~3月に株式会社イオレが大学生を中心とした男女322名を対象に行った調査によると、グループ間の連絡に使っているツールのランキングで、LINE、メールに次いで第3位に「らくらく連絡網」がランクインしており、その人気ぶりがうかがえる。

「らくらく連絡網」は昨年10月時点で全国630万人が利用しているコミュニケーションツール。Webサービスとして使えるほか、今年3月にAndroid、iOS向けのアプリが公開された。LINEのグループチャットでは掲示板(トーク)や意見をまとめるノートなどの機能が使えるが、「らくらく連絡網」では、トーク機能のほかに連絡網、賛否確認、出欠確認、日程調整、アンケートなどの5つの機能が利用可能。

回答期限を設けることもできるので、日程の調整や特定のテーマで意見を募りたいときなどに大いに役立ちそうだ。数十人規模の集まりになると、LINEやメールでは収集がつかない場合もあるが、「らくらく連絡網」ならば代表者が意見を吸い上げやすい。大学生がサークル活動などで使うには確かにうってつけのツールと言える。

利用にはメールアドレスなどの登録が必要だが、手続きはそれほど面倒ではない。グループへの招待もメールやLINE経由で行うことができる。また、Webからでも同等の機能が使えるため、スマホユーザーでなくても利用することが可能だ。実名登録の必要はなく、ハンドルネームだけで利用できる点も、ユーザーに支持されている理由の一つだ。ユーザーレビューにも、

「人数把握をしたい連絡が多いので、一覧化できるのは助かる」

といった声が掲載。前述のアンケートでも「10人以上のグループを取りまとめたことのある人に、コミュニケーションサービスに“あったらいいな”と思う機能」という質問に対する回答が「出欠管理機能」(73.8%)、次いで「スケジュール管理機能」(58.8%)、「アンケート機能」(42.2%)となっており、この全てを実装したのが「らくらく連絡網」というわけだ。

メールやLINEではグループへの連絡がしづらい、日程調整が面倒と感じる人におすすめしたいアプリが「らくらく連絡網」と言えそうだ。(岡嶋佑介)

post-69056_t

らくらく連絡網

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ツール
価格 無料
デベロッパ名 eole

おすすめサイト