アンドロイドアプリレビュー

“餃子の王将”への愛を感じる追悼アプリ 「僕の玉将」のクオリティが高すぎると評判

昨年12月に発生した「王将フードサービス」大東隆行社長の射殺事件。事件の真相は未だ闇の中だが、事件直後には王将の各店舗に追悼に訪れる人たちが急増したことも記憶に新しい。その結果、王将の1月の月間売り上げはまさかの前年比増を記録。さらに、今度は王将側がその感謝の印として餃子無料券を配布したことも話題に。カリスマ社長は凶弾に倒れたものの、王将とファンとの絆はいっそう深まったと言える。

そんななか、餃子の王将への愛を感じさせるアプリ「僕の玉将~つくって売ってお店をでっかく!☆~」がリリース。ランキングを急上昇中だ。おお、これこそ我々が愛する「餃子の王将」のアプリではないか!と、思ってしまうが、それは残念ながら勘違い。「王将」ではなく“玉”将というパチもので、決して王将の公式アプリではない。だが、その内容は無料ながらかなりのクオリティと言える。

ゲーム内容は「食材を収穫」→「調理」→「料理完成」→「店舗で提供」を繰り返すシンプルなもの。しかし、食材を組み合わせていろいろな中華料理を作ることや、少しずつ売り上げを伸ばして店を大きくすることにハマるユーザーが続出しているのだ。

「僕は料理が苦手何だけど料理した気になれるから楽しい」
「単純で 楽しい♪サクサクできるので空いた時間にもできる◎ 私はハマってしまったのでずっとやってましたけど(笑)」
「まったりできて面白いです。 説明文のゆるさもなんとなくくせになってしまいます」

と、高評価が続出している。ダウンロード数もリリース約1ヶ月で1万超と好調だ。

このアプリのデベロッパーは「海賊王のレストラン!」や「僕の旅館~つくって売ってお宿をでっかく!~」といった店舗経営シミュレーション的アプリを数多く手がけてきた模様。「僕の玉将」のクオリティの高さの裏には、そんな経験の豊富さがあったようだ。

そんな具合に、追悼アプリという新たなジャンルを切り開いたのが「僕の玉将~つくって売ってお店をでっかく!☆~」。ツボを押さえたゲーム性に加え、作りこまれたロゴやデザインにもかなりのこだわりが感じられる本作は、王将への愛とリスペクトがこもったアプリとしておすすめしたい。(EXドロイド編集部)

post-68693_t

僕の玉将~つくって売ってお店をでっかく!☆~

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 通常450円 ⇒【先着100万人限定で無料】
デベロッパ名 ambarance8ce
Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

おすすめサイト