アンドロイドアプリレビュー

男ならエレクチオン間違いなし!!! 伝説の劇画「オークション・ハウス」が無料アプリで登場

小池一夫と叶精作のコンビによる劇画は名作が多い。両者の名前を知らなくても「実験人形ダミー・オスカー」、「キンゾーの上がってなンボ!!」など、作品名を聞けば判る人は多いのではないだろうか。今回紹介するアプリ「オークション・ハウス」は、その両名による同名劇画を全話無料で読むことのできる太っ腹な電子書籍アプリだ。

「オークション・ハウス」と言えば作中の女性のセリフ、「どうしてなの――ッ!!どうしてエレクチオンしないのよーッ!!」で有名だが、その作品世界にどっぷり浸れると評判だ。
オークション・ハウスオークション・ハウス
「オークション・ハウス」は集英社のビジネスジャンプで1990年から2003年まで連載された劇画。主人公は世界的美術鑑定家の柳宗厳(リュウ・ソーゲン)。フェルメールの絵画「レースを編む女」を狙った3人の男たちに彼の両親は殺され、その復讐のために美術界に身を投じ美術界の闇と対決するというハードボイルドストーリーだ。
オークション・ハウスオークション・ハウス
小池一夫はかつて「劇画というのは、それ(裸)を見せるからこその劇画なんですよ。語ることではなく見せること」と語っているが、その熱い思いは本作でも存分に表現されており、男性読者なら気になるであろうお色気シーンもタップリと登場する。
オークション・ハウス
このアプリは人気コミックが無料で読める「読破!」シリーズの1つ。会員登録やログインなどの手続きは不要で全話を読めてしまう所が売りになっている。広告モデルのアプリとなっているため無料で提供できるとのこと。ただし連続で読書できる時間の上限が決まっており、その時間を使いきってしまうと自動で回復するまでは我慢しなくてはいけない。とはいっても作品自体はサクサクと閲覧可能で、筆者が利用したところ時間制限が気になるようなことはなかった。ユーザーレビューを見てみると、

「面白い これで無料とは・・・(^^) 読みごたえもあり、内容も面白いです」

と、かなり好評のようだ。電子書籍業界ではこのところ、ローソン運営のエルパカBOOKSやNTTソルマーレの地球書店など、サイトの閉鎖が相次いでいるが、その一方で着実にユーザー数を伸ばしているのが、こういった無料でコミックが読めるサービス。気になる人は「オークション・ハウス」をダウンロードして、その内容の充実ぶりにエレクチオンしてみてほしい。(こうべみせ)

post-68165_t

オークション・ハウス

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,電子書籍
価格 無料
デベロッパ名 Homepage System, Inc.

おすすめサイト