アンドロイド関連ニュース

米国でついに「グーグルグラス狩り」が発生 サンフランシスコの女性IT記者が被害を告白

先週末、アメリカでついに“グーグルグラス狩り”とも呼べる事件が発生した。サンフランシスコ在住のIT系ライターのサラ・スローカムさんは2月21日深夜、バーで友人らと談笑していたところ、別の客からグーグルグラスをもぎ取られ、同時に財布や携帯電話も強奪されたという。CBSニュースなどが伝えている。

目撃者によるとサラさんは当日、店内で友人たちにGoogle Glassの操作方法を披露していたとのこと。当初はなごやかな雰囲気だったが、別の客たちがサラさんが無許可で店内を撮影していると騒ぎ出したことから険悪なムードに発展。二人の女性客と言い争いになった後、一人の男がサラさんに暴言を浴びせ、また別の男がサラさんの顔面からGoogle Glassを剥ぎとり、持ち去ったという。

サラさんは自身のfacebookで被害を報告。Google Glassはその後無事に取り戻したというが、財布や「買ったばかりだった」という携帯は発見できていないようだ。

Google Glassは現在、アメリカ在住の開発者向けに1500ドルで販売中。米国内で約2~3万人のユーザーが居ると推定されている。ハンズフリーで動画や静止画が撮影できるグーグルグラスには、以前から盗撮などのプライバシーの侵害を懸念する声が高まっていたが、Googleは無用なトラブルを避けるため、「撮影する際には周囲の同意を得る」といったガイドラインを2月18日に公開したばかり。今回の事件は、その直後のタイミングで発生したことになる。

事件当時、店内にいた客の1人は「サラさんはグーグルグラスで動画を撮影しながら店内を走り回っていた」と証言。問題のバーは「IT関係者が集う店というよりは、ガラの悪いパンクロック好きが集まる店」とのこと。「高価なグーグルグラスを見せびらかしていたサラさんが反感を持たれたのも当然」との見方もあるようだ。

サンフランシスコでは近年、Googleなどの大手IT企業の社員の人口が増えたことから家賃相場が高騰。昨年末にはGoogle社員専用の無料送迎バスが、反発するデモ隊に取り囲まれるなど、“ハイテク企業の高給取り”に対する厳しい目が注がれていたのも事実。

今回の事件の背景には、グーグルグラスによるプライバシーの侵害の問題に加え、そんなサンフランシスコ特有の住民同士の摩擦があったと言えそうだ。(EXドロイド編集部)

画像引用元:CBS San Francisco

http://sanfrancisco.cbslocal.com/2014/02/25/woman-wearing-google-says-she-was-attacked-in-san-francisco-bar/

››EXドロイド編集部の記事一覧

EXドロイド編集部

おすすめサイト