アンドロイドアプリレビュー

集英社が乳首解禁で話題のアプリ 「ジャンプLIVE」の過激すぎる“裏技”

発行部数の減少が続いているマンガ雑誌の中でも、不動の存在と言えるのが「週刊少年ジャンプ」(集英社)。ライバルのマガジンやサンデーが苦戦する中、2013年9月時点での発行部数は約278万部(日本雑誌協会の公表部数より)と、突出した強さを見せている。

そんな少年ジャンプがスタートしたアプリが「ジャンプLIVE」(Android/iOS)。単純に本誌を電子化するのではなく、連載作品の番外編やオリジナル作品、漫画家本人が出演する動画企画まで配信するという充実ぶりが話題だが、実はこのアプリにちょっとした異変が起こっている。

1月にジャンプLIVEのTwitter公式アカウントは「ジャンプは常に困難があってもチャレンジし続ける雑誌です!」とツイート。この発言から連想されるのが「【裏技入り】To LOVEる-とらぶる-ダークネス」という作品。かつて少年ジャンプで連載され、少年誌の限界ともいえる過激なお色気描写で話題となった作品の続編だ。

さらにTwitterでは「フルカラーで20個前後の【裏技】が隠されている特別バージョンです。触ったり、傾けたり、振ったり、あと時間帯や日付限定【裏技】もあるかもです!色々探してみて下さい‼」と、過激さをアピール。画面にタッチすることでおっぱいが揺れたり、乳首まで見えてしまうことが話題になった。「Android版の方が露出度が高めです」とのことだったが、iPhone版でも乳首が確認できるという報告もあった。

しかし、2月に入って突然「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」が見られなくなった、との声が多数。実際に確かめてみると、確かに見当たらない。「作者検索」で探してみても表示されないようだ。

公式アカウントでは以前から「極めて淫らな内容ですので、もしジャンプLIVEアプリから、急に消えていたりしたら、読者の皆様、どうか察して下さい…。」と発言していただけに、何らかの異変が起きたことが推測される。

実は「ジャンプLIVE」では「にくきゅー!番外編」という作品で、お風呂シーンの湯気にタッチすると乳首が露出するという場面も配信していたのだが、これもいつの間にか消されてしまったようだ。

とは言うものの、作品の充実ぶりは素晴らしく、「毎日こち亀」や「毎日ぬらりひょんの孫」などの名作を無料で配信。さらに「家庭教師ヒットマンREBORN!」でおなじみ天野明の新作「エルドライブ」や「テニスの王子様」、許斐剛の新作「LADY COOL」などが人気となっている。Twitterでは読者から「アプリはマガジンもサンデーも出してるけどジャンプの方がチカラ入ってるな」といった声も出ており、出版社の電子書籍への取り組みとしては画期的と言える。

現在2号まで配信されているアプリ「ジャンプLIVE」。これからも本誌とはひと味違った、デジタルならではの展開が期待される。今後もさらにチャレンジを続け、乳首の復活もお願いしたいところだ。(町田大士)

post-67063_t

ジャンプLIVE

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,萌え,電子書籍
価格 無料
デベロッパ名 株式会社 集英社

おすすめサイト