アンドロイドアプリレビュー

海外からも絶賛の“東方Project”同人ゲーム 「弾幕遊戯」が人気の理由

同人ゲームながら絶大な人気を誇るシューティングゲームの「東方Project」シリーズ。1996年に始まった東方は同人誌などの二次創作も盛んに行われ、ニコニコ動画の東方関連タグは20万件を突破しているという。

今回紹介するアンドロイドアプリ「弾幕遊戯」も、そんな東方Projectの二次創作の1つ。本家と同様なシューティングゲームだが、そのクオリティの高さが絶賛され5万ダウンロードを超える人気となっている。

「弾幕遊戯」はその名のとおり敵のすさまじい弾幕をかわしながら攻撃していく弾幕型シューティングゲーム。「東方Project」のキャラである博麗霊夢、霧雨魔理沙のいずれかを選び、ステージを選択するとゲームのはじまりだ。

しかし、ステージを選択できるといっても、登場するのはボスのみ。難易度は非常に高く、「どうせ本家のシリーズでやったことあるでしょ?」と言わんばかりの猛攻が序盤からこれでもかと繰り出される。幾何学模様のような弾幕はとても美しいが、避けるのは非常に難しい。敵の攻撃パターンをつかむまではクリアするどころか、あっという間にゲームオーバーになってしまう人も少なくないだろう。

弾は自動で発射されるので、ユーザーは自機の移動に集中すればOK。画面をスライドすることで移動できる。左下にはスペースが用意され、ここをスライドすると画面が指で隠れることなく操作できる。一定の時間、無敵状態で攻撃できるボムは、画面を2点タッチすることで使用可能。左手で操作しながら、右手で画面の任意の点をタップすればボムが発動。画面の下部にはボスがいる場所が「Enemy」と表示されるなど、プレイしやすいよう配慮されている点もありがたい。

ユーザーレビューでは、

「むずかしいけどやっててスッキリしました。 とっても楽しいくオススメです!」
「原作も持っているのですが、完成度が非常に高いと感じました。とても楽しませて頂いています」

という国内のユーザーのみならず、

「Great game! Just great! Love it!」

と、海外のユーザーからも高評価を獲得している。もともと「東方Project」自体が海外で人気だが、この「弾幕遊戯」も世界中でファンを獲得しつつあるようだ。

そんな具合に、難易度はかなり高く、“シューティングゲーム初心者お断り”という印象はあるものの、丁寧な作りでやり込み要素も十分なアンドロイドアプリが「弾幕遊戯」。今後はステージ追加も予定されているとのことで、さらなる進化に期待したい。(岡嶋佑介)

post-66615_t

【東方】弾幕遊戯

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 無料
デベロッパ名 SORAIS

おすすめサイト