アンドロイド関連ニュース

カップル専用グーグルグラスアプリ「Sex with Google Glass」  体位サジェスト機能も搭載し登場

これぞウェアラブルテクノロジーの真骨頂とも言うべきアプリがグーグルグラス向けに近日登場する見込みだ。その名は「Sex with Google Glass」。このアプリはグーグルグラスを装着した男女が双方の視点から性行為の様子をライブ動画で見せ合う、言わば超ハイテクな“視姦プレイ”ツールと言える。

国内のグーグルグラス情報関連サイトとしてはいち早くその登場を伝えた「Google Glass Info」編集部によると、

「Google Glass向けのセックスアプリは、米国のアダルトアプリマーケット『Mikandi』(マイキャンディー)が昨年6月に公開した『Tits & Glass』(おっぱいとメガネ)が世界初として有名です。しかし、Mikandiのアプリは単純に男の目線からセックスの現場を捉えたものに過ぎなかった。今回の『Sex with Google Glass』は相互視姦プレイが楽しめるだけでなく、セックスに合う音楽を流したり、おすすめ体位を表示するなど、機能面の充実ぶりで別の次元に突入したアプリと言えます」

グーグルグラスと言えば“OK,Glass.Take a picture.(グラスよ、写真を撮れ)”といった具合に、音声で命令を与え、両手を使わず様々な機能を使用できるのが魅力。今回の「Sex with Google Glass」では動画や写真の撮影はもちろん、部屋の電気を消したり、SEXに適切なBGMの再生、さらには、別のスマホと連携し性交中の模様を第三者の視点から鑑賞することも可能だ。

「開発者のSherif Maktabi氏はロンドンやベイルートを拠点にアプリ開発を行っている開発者。今回のアプリは『Google Glassを用いて、セックスライフに役立つアプリが実現できないか』との思いから開発したと述べています」(Google Glass Info編集者)

Google Glassは現状では米国在住のアプリ開発者など、一部のユーザー限定でexplolerと呼ばれる開発者版が1500ドルという高額で配布されている。報道によると今年中には一般発売が開始される見込みだが、今月初旬にはテレビ東京の大江麻理子アナがグーグルグラスを着用し番組に出演。また、1月19日には日本を代表するIT企業・GMO社長の熊谷正寿氏が、自身のツイッターでグラスを着用した写真をお披露目するなど、今後の普及に向けて関心が高まっている。

「Google Glassの活用はもちろんエロ方面に限定されません。医学の分野では既にグーグルグラスを使用した手術が行われたり、自動車業界も運転中のドライバーにナビ情報を配信するアプリの開発に乗り出すなど、次々と画期的試みが行われています」(同前)

ちなみに、今回のグーグルグラス向けアプリ「Sex with Google Glass」はGoogleの審査を通さない“野良アプリ”の形で提供される見込み。公式サイトで利用希望者からの事前登録を受け付けている。(EXドロイド編集部)

››EXドロイド編集部の記事一覧

EXドロイド編集部

おすすめサイト