アンドロイドアプリレビュー

2ちゃんねるで注目のエロ英単語アプリ 「オナペディア」が勉強になると評判

スマホの普及につれてユーザー数が急上昇しているのが、XVIDEOSなどの海外の無料動画サイト。しかし、自分の好みに合う動画を英語で探すのには苦労させられるもの。そんな男性スマホユーザーの悩みに応えるアンドロイドアプリ「オナペディア」が数万ダウンロードを超えるヒットとなっている。

このアプリは収録語数900を誇るアダルト英単語辞書。気になる語句はタップでコピーし、すぐさま動画サイトで検索をかけることができる。もともとは100円の有料アプリだったが、開発者が2ちゃんねるで本アプリを晒したところ人気に火がつき、それを記念に無料化したという異色の経緯を持つアプリだ。

アプリを起動するとアルファベット順に英単語と日本語訳が表示。Aged(熟女)、Ampit(ワキ)、Bizarre(奇抜プレイ)、CFNM(裸男子と着衣女子)、Bodystocking(全身網タイツ)、FFM(3P 女2男1)といった具合に様々なフェチ系用語が並んでいるので非常に参考になる。

また、「コミカルで的確な日本語に翻訳」と紹介文にあるとおり、Babe(かわいこちゃん)、Boobs(おっぱいぱい)、Hunk(ガチムチ)、Fucking(パコパコ)といった具合に、作者のセンスが光る日本語訳も多く見られ、クスリとさせられる。

本アプリの開発者が2chに立てたと思われるスレを見てみると、作者は「オナニーが趣味」という大学生(23)。全ての英単語を自分で訳し、開発には4ヶ月かかったそうだ。故スティーブ・ジョブスに憧れ、「オナニーが前進することは人類を前進させることだと思ったのが、本アプリを作るきっかけだった」と語っている。ユーザーレビューでは、

「まとめからですが感銘を受けました! これからもイノベーティブであり続けてください!」
「VIPPER速報から来ますた 良さげです  ガンバレ!」
「果てしなくくだらない発想ですが向上心は凄いと思いますし、実際割と使えるアプリです」

と、かなりの高評価を獲得している模様。海外動画の検索に役立つのはもちろんだが、「おっぱい」という単語一つとっても、英語にはBoobsやTits、Knockersといった様々な単語があることに気付かされたりもする。そんな具合に、エロ動画を探しつつ英単語の勉強もできるアプリが「オナペディア」と言えるかもしれない。(近藤夢太)

おすすめサイト