アンドロイド関連ニュース

“正月は引きこもり派”のスマホユーザー必見 Google PlayとAmazonで楽しめる「エロ動画」注目ランキング

今年も残りあとわずか。リア充たちはFacebookで楽しげな画像をアップしているけれど、そんな気力も無いし友達も居ない。せめてDVDで映画でも観ようって思うけど、外は寒いなあ……。そんな時に便利なのがネットのオンデマンド動画配信だ。
ガンダム エッチなどっきりカメラ!!
まず、注目なのが、Googleplayの「映画&テレビ」コーナー。昨年もこの時期にGoogleplayのランキングをレポートしたが、その時はエッチな映画ばかりがランクインしていた。今年はどうなっているのだろう。2013年12月30日現在のランキングをチェックしてみよう。トップチャートを見ると、

1位 ドラゴンボールZ 神と神
2位 ワールド・ウォーZ
3位 真夏の方程式
4位 パシフィック・リム
5位 ワイルド・スピード EURO MISSION
6位 マン・オブ・スティール

など、アニメと洋画が強い。もう少しランキングをチェックすると

13位 すごくエッチなどっきりカメラ
14位 透明変態人間
透明変態人間
など、エッチな作品もやはり健闘中。

「すごくエッチなどっきりカメラ」は“やらせ一切なし”が売りの完全ガチなどっきりカメラ。セクシー美女が仕掛けるHなイタズラに素人もタレントも男も女も老いも若きもHな素顔をみせてしまう作品。

「透明変態人間」は透明人間になる薬を手に入れた主人公が透明になって、バイト先の美人同僚の裸を覗き見る。そこにもう一人の透明人間が現れて、透明人間同士の熱きバトルを繰り広げるという内容だ。

他にもエッチなビデオが満載なので、家族に内緒でこっそり観たい人にもオススメだ。

また、Googleplayでは2013年に話題になった「半沢直樹」「ドクターX ~外科医・大門未知子~」などのドラマも観ることができるから、見逃した人ももう一度観たい人もチェックしてみよう。

そして、もう一つ気になるのが2013年11月よりスタートしたAmazonの映像配信サービス「Amazonインスタント・ビデオ」。ランキングを見ると
ガンダム
1位 機動戦士ガンダム
2位 ワールド・ウォーZ
3位 ハード・テクニック
4位 たっぷりと射精できる! センズリ用《長回し》素材集 Vol.2 パイパン美少女篇
5位 ウルヴァリン: SAMURAI
6位 交響詩篇エウレカセブン

と、4位にいきなり“センズリ素材集”が入っているのがビックリ。実はアマゾンでは既に1万本近くのアダルト動画を配信中。他にも明日花キララやさとう遥希らの人気女優作品が配信中だが、何故かこの作品だけが突出して人気の模様。アロマ企画というかなりマニアックなメーカーの作品だが、一体なんでウケているのか全く分からない。

また、「機動戦士ガンダム」「交響詩篇エウレカセブン」などのアニメ作品も人気だが、実はアマゾンでは人気アニメの第一話を無料で配信中。これも見逃す手は無さそうだ。

さらに気になるのは3位に食い込んでいるジャケット写真が男女の裸体という「ハード・テクニック」。洋ピンまで解禁かよ! と思いきや、実は一般作。不感症で心の傷を負った妻をセックスセラピストの指示に従い快楽と癒しへ誘うハートフルな内容の洋画だ。
ハードテックニック
レビューを見ると「タイトルにつられて、派手な濡れ場には期待しない方が。。。」とエッチな目的でレンタルした人には不評だが、「ただのエッチ映画じゃないです 父親からの性的虐待を受けた女性が、夫の愛情で再生していく…社会的問題を実写した感じです」と意外と高評価を獲得している。

そんな具合に、孤独なお正月を迎えそうなスマホユーザーに心強い味方と言えるのが、Google PlayやAmazonの映画のラインナップ。家から一歩も出たくない、引きこもり派のみなさんはぜひともチェックして欲しい。(東川マサヒロ)

■関連記事:
アマゾンが“アダルト動画”配信に本格参入 「キンドル」でもエロ電子書籍が売上好調!!?

http://exdroid.jp/d/64818/

››東川 昌弘の記事一覧

東川 昌弘

東川マサヒロ。職業ライター。ジャンルはアイドルとスマホアプリ。原発のせいで東京→福岡に引っ越して1年。家から見る福岡タワーの景色は素敵です。はじめはユルイ作りが気になったローカル放送も最近では楽しく視聴してます。福岡いいところだなあ。月に1,2回の東京出張をしながらぼちぼち暮らしてます。Twitterアカウントは@higashikawamasa

おすすめサイト