アンドロイドアプリレビュー

不要な“標準アプリ”を削除できる!!? 「超タスクキラー」アプリは本当に使えるのか

初めて買ったAndroidスマホを開いて最もうんざりするのが、プリインストールアプリの多さ。キャリア独自のものからその端末独自のものまで、これでもかというほど詰め込まれていて、辟易する人も多いのではないだろうか。

そんなユーザーが気になるアプリが「スマホ購入時から入っている不要な標準アプリも削除できます!!」とのふれこみでダウンロード数が急上昇しているアンドロイドアプリ「超タスクキラー」だ。

しかし、本当に標準アプリを削除できるのならこれほど嬉しいことはないが、「超タスクキラー」に期待をしすぎるのは早計だ。あくまで機能を無効化するだけでアプリ自体を削除するわけではない。ただし、機能の無効化は決して無意味ではなく、少なくともアプリの一覧からは見えなくすることが可能。

筆者のauの端末の場合、普段使用しない「auショッピングモール」や「うたパス」「ビデオパス」などのアイコンを画面から消して、非常にスッキリさせることが出来た。使い方は簡単で、アプリを選択すると設定画面に飛ぶので、そこから「無効にする」を選ぶだけ。最初にチュートリアルで使い方も説明されるので、初心者でも安心して使うことができるだろう。ただし、この機能はAndroid 4.0以上でないと使えないので注意しておこう。

ユーザーレビュー欄を見ると、「シンプルで 単純な目的なら使いやすいかもです」といった声の一方で、

「無効にしても更新してくださいときますので、全く使えないなんちゃってアプリですよ」

と、やや辛辣なコメントも並んでいる。しかし、このアプリはダウンロードしたアプリを一括で削除する機能や、発着信履歴、SMSの削除、ブラウザやGoogleMapの検索履歴の削除といった、様々な削除機能も持っている。どれも端末の設定から行うことができる機能だが、とりあえずこのアプリさえ開けば、ほとんどのものを削除できるというお手軽さは評価できそうだ。

そんな具合に、アンドロイドユーザーの不満をうまく捉えたアプリと言えるのが「超タスクキラー」。同様な機能を持つアプリとしては当サイトで以前「邪魔な“プリインアプリ”を追放するアプリ『無効化マネージャー』」を紹介したが、現在はマーケットから削除。「サードパーティのアプリを削除または無効にするようなアプリは規約に違反する」との理由で公開が停止されたようだ。しかし、また別のアプリ「強制停止チェーン」は現在もなおマーケットで生き残り、10万ダウンロードを超える人気となっている。

プリインストールアプリの無効化は、アンドロイドユーザーにとっては非常に気になるテーマの一つ。今後も様々な無効化アプリが登場してくることを期待したい。(岡嶋佑介)

おすすめサイト