アンドロイドアプリレビュー

パズドラを超える中毒性!!? 多部未華子CMで話題のアプリ「キャンディークラッシュ」が大ブレイク間近

“中毒性のあるパズルゲーム”というと真っ先に浮かぶのが「パズドラ」。しかし、そのパズドラを超える中毒性と話題になっているゲームが「キャンディークラッシュ」だ。すでに世界66カ国で無料アプリランキングの一位を獲得し、累計ダウンロード数は数億件を超える人気だが、先日から女優の多部未華子を起用したCMもオンエア開始。その人気が本格的に日本に押し寄せようとしている。

カラフルなキャンディーをスワイプさせ、同じ色のキャンディーを3つ揃えて消すという簡単なルールのゲーム。派手なエフェクトに心地良いサウンド、ポップなデザインなどのディティールに徹底してこだわり、他を寄せつけない圧倒的な世界観を構築している。パズドラファンに男性が多いのに比べ、このアプリの場合、女性ユーザーからの人気が高いのが特徴。

「いえーい (´-ω-)ウム おもしろっ!!★ むずかしっ!!★」
「楽しい (๑>∀<๑)♬+゜ ステージが 沢山あって飽きない」

といった具合に、レビュー欄には女性ファンらしき絶賛の声が相次いている。その内容を、さっそくチェックしてみた。

ゲーム内容は、縦横に同じキャンディーを3つ以上並べて消していくというもの。パープルにイエロー、ブルーなど、色とりどりのキャンディーをスライドさせる度にポップなサウンドが鳴り響く。一度に4つ以上のキャンディーをそろえると、スペシャルキャンディーと呼ばれる特殊なキャンディーが発生。4つのキャンディーを縦か横に揃えると現れる「ストライプキャンディー」や、5つのキャンディーをL字型かT字型に揃えると出現する「ラッピングキャンディー」、5つ以上のキャンディーを消すと現れる「カラーボム」など、やり込むに従って様々なものが登場。スペシャルキャンディーは特別なパワーがあるので、一挙にコンビネーションを連鎖させて、たまらない爽快感が味わえる。

レベルが上がるにつれ、「画面上部にあるマロンを下部まで運べ」「時間内に目標スコアを達成しろ」「ゼリーに覆われた全てのキャンディーを破壊しろ」といった具合に様々なミッションが発令。それらを達成するには、目先のキャンディーのみを見るのではなく、一度のスライドでどれだけ多く連鎖できるか、あるいは、その先のキャンディーの動きをどこまで予想できるかといった能力が重要。ステージは全部で400以上も用意され、バラエティー豊かな内容でやりこみ要素は満載だ。

台湾ではスマホに熱中する「低頭族(うつむき族)」の間で大人気と伝えられたり、香港では7人に1人がプレイしていると報道されたりと、世界中で大人気の「キャンディークラッシュ」。リリース元の英国のKing社は、かつて従業員数10名の倒産寸前の企業だったが、このアプリの大ヒットで時価総額数十億ドル規模に成長したというから、その人気の凄まじさが伺える。

冒頭にも述べたとおり女性からの人気が非常に高い「キャンディークラッシュ」。「画面下部から崩していくと良い」「特殊効果のあるキャンディーは後まで取っておくと良い」といった具合に、ちょっとしたプレイのコツを覚えておくと、飲み会などでの話のネタとしても重宝する。さらに、フェイスブックの友達にライフをおねだりして助けあうなどのソーシャル機能もあるので、合コンで出会った女子と関係を深めていくアイテムとしても活躍が期待できそうだ。日本ではこれからさらに勢いづいていくであろう本アプリ、「パズドラ」のガチャや魔法石のような無理な課金要素もないので安心して楽しんで欲しい。(近藤夢太)

■「キャンディークラッシュ」マーケットへのリンク
iOS版

https://itunes.apple.com/jp/app/kyandikurasshu/id553834731?mt=8

アンドロイド版

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.king.candycrushsaga

post-64953_h

キャンディークラッシュ

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 無料
デベロッパ名 King.com

おすすめサイト