アンドロイドアプリレビュー

いいね禁止、コメント禁止の“反ソーシャル”な写真共有アプリ 「Rando」のジワジワ来る面白さ

今、写真共有アプリの新しい流れとして注目のアプリが「Rando」(iOS、アンドロイド)。スマホで撮影した写真をアプリ内から送信すると、世界の誰かに届けられ、お返しに1枚の写真が送られてくるというボトルメッセージ的な仕組み。写真にはいいねもコメントも出来ず、ユーザー同士がつながる機能も無いが、このシンプルさが逆に新鮮という声があがっている。ツイッター上では、

「今日はユタ州から電子レンジのガラス扉に映った上半身裸の胸毛のおっさんの自撮りが届いたww」
「面白いね! 京浜運河の写真がアイダホに送られたり、韓国の女の子からスリッパの写真が届いたりしてるよ!」
「ロシアから超美少女3人組の写真きたー!!!興奮。妖精かあんたら!」

といった具合に、興奮気味のコメントが多数掲載中。今年の3月にリリースされたアプリだが、じわじわと人気を拡大し、このところ一挙にユーザー数が拡大しているようだ。

使い方は至ってシンプル。アプリ内に表示される、丸い円の中に被写体を収めて写真を撮影。送信ボタンを押すと、しばらくしてお返しの写真が送られてくる。届いた写真には大まかな位置情報が記録され、ボタンをタップすることで地図の位置を確認することが可能。編集部で試してみたところ、イギリスやウクライナ、インドや韓国といった具合に様々な国から写真が送られてくることが確認できた。「Rando」はiOS、アンドロイドに対応しているが、iOS版では届いた写真に顔マークで評価をつけて返す機能も実装されている。

このアプリの開発元はustwoという英国の企業。公式サイトではこのアプリを「世界中の写真好きのために作られた、実験的な写真交換プラットフォーム」と説明。従来の写真共有アプリでおなじみのソーシャル要素は意図的に排除したとのことで、「No likes, no comments, no direct communication.(いいね禁止、コメント禁止、直接のコミュニケーション禁止)」をそのポリシーとしている。Just Rando(ただ、Randoするのみ)が、このアプリの楽しみ方なのだ。

米国版テッククランチが掲載したインタビューによると、ustwoのMills氏はこのアプリを開発した動機について、「誰かと友達になったり、フォローしたりする面倒さを排除した上で、写真を共有する喜びを与えたかった」と説明。「完全にランダムに写真が届くようにした結果、インスタグラムなどと比べて、思いもよらない場所から思いもよらない写真が届く、偶然性にあふれるアプリに仕上がった」と述べている。

ちなみに、Randoで送信可能なのはその場で撮影した写真のみ。ギャラリーに保存した写真などは送れない。「Randoが既存の写真は使えない仕様なのはリベンジポルノ対策だろう」という声も出ているが、実際のところエロ目的でこのアプリを使うユーザーは少数派で、女性ユーザーも安心して使える点も人気の理由と言える。

そんな具合に、流行りのソーシャル要素を一切排除した写真共有アプリ「Rando」。かなり斬新と思えるそのアプローチで、どこまで人気を拡大していくのかに注目していきたい。(EXドロイド編集部)

post-64670_t

Rando

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,コミュニケーション,ツール
価格 無料
デベロッパ名 ustwo
Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

おすすめサイト