アンドロイド関連ニュース

LINE障害でナゼかau批判が発生 キャリアとアプリの関係が理解できないユーザーたち

19日午前11時35分~12時02分までの約30分間、無料通信アプリ「LINE」のスマートフォン版の一部で不具合が発生し、メッセージ送受信や通話、LINE GAMEなどができなくなる事態が起きた。30分の出来ごとながら絶大な人気を誇るアプリだけに多数のユーザーが影響を受け、一時Twitterで「LINE」「不具合」といったワードがトレンドに入るほどの騒ぎに。運営元のLINEは「内部システムの一時的な負荷の増加によるエラー」が原因と発表したが、一部では携帯キャリアに責任を求める声が発生し、謎の混乱も生まれていた。

不具合発生時、あるユーザーがTwitterに以下のようなツイートを書き込んだ。

「は?なにこれLINE送れないんだけど?ブチ切れ過ぎてauにクレームつけたら『当社のアプリではないので何もできません』って返答されて更にブチ切れ。 携帯売るなら中身まで責任持てよ。じゃあ売るな」
「LINEが一時間使えないってことは、あたし達にとっては一時間会話できないのと同じことだって早くauには気づいて欲しいな」

通信障害はauだけで起きていたわけではなく、ドコモやソフトバンクの一部ユーザーも同じように被害を受けている。LINE運営が説明したように、この障害はシステムの一時的な負荷増加が原因だ。これはアプリそのものの不具合であり、携帯キャリア側はどうすることもできない。このユーザーは露骨すぎるためネタツイートの可能性もあるが、追随するかのように何故かネット上ではauに対応を求める以下のような声が相次いだ。

「本当auは酷いよね!最後まで責任取れないなら売るなっつーの」
「LINE使えんけん、auのサポートセンターに電話したけど、どうにもできんらしい 最悪やん」
「LINEカスおもい カスバグり。 iPhoneのせいにしたくないから auのせいにする」
「LINEが動かないw 原因は分からんがauの電波が糞なのか?」

当初は原因不明だったため、アプリ側の不具合だと認識できていなかったユーザーが多かったこともある。また、特にauユーザーへの影響が大きかった可能性もあるが、いずれにせよキャリアはサポートできない事案だ。

今回の件に限らず、アプリとキャリアの関係を理解できていないユーザーは多く、このような事態は各キャリアのショップで頻発しているという。

「特に多いのは、ソーシャルゲーム関係のお問い合わせですね。人気ゲーム『パズル&ドラゴンズ(通称パズドラ)』はユーザー数が異常に多いこともあり、バグや通信障害などが頻繁に発生しますが、そのたびにショップに持ち込んでこられるお客様は少なくありません。対応できないと説明してもなかなか理解してもらえず、怒鳴り散らしていかれる方もいます。『不具合のお詫びに魔法石は貰える?』と仰る方もいますが、それは完全にショップの管轄外ですからね…」(ショップ関係者)

あるキャリアのショップでは「ゲームに関するお問い合わせは対応できません」と張り紙をしているケースもあるという。だが、各社のショップ係員がライトユーザーのためにアプリのインストールや設定まで非公式にサポートしている場合もあるため、全ての問題に対して「ショップに言えば何とかなる」と思っているユーザーは一定数いるようである。スマホのユーザーが急激に増加している昨今、ライトユーザーへの対応はショップ側にとって悩ましい問題であるようだ。(佐藤勇馬)

››佐藤 勇馬の記事一覧

佐藤 勇馬

フリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、WEBや雑誌などでネット、携帯電話、芸能、事件、サブカル、マンガ、宗教問題などに関する記事を執筆している。媒体によっては、PN「ローリングクレイドル」で執筆することも。今年1月に著書『ケータイ廃人』(データハウス)を上梓。 Twitterアカウントは @rollingcradle

おすすめサイト