アンドロイドアプリレビュー

狂気のアイドル育成ゲーム「49人目の少女」 主人公の少女が“ブサイクすぎる”と話題に

育成ゲームはもはや定番のジャンルだが、そんな中でも「トンでもない不細工をアイドルにする」というコンセプトで異彩を放つアプリが「49人目の少女 -狂気のアイドル育成ゲーム」だ。「国民的アイドルになって日本を元気にしたい」と決心して上京したアイドル志望の地味な女のコを、オタクから搾取したギャラで進化(整形)させていくというゲーム内容。「ひとりじゃんけん大会」「ひとり総選挙」など、AKBをパロッたイベントも満載だ。レビュー欄では、

「すげーブス」
「シュール。 河本にしか見えない(笑)」
「最終形態やば!あっちゃんみたい!」

と、阿鼻叫喚ともとれるユーザーの声も多い本アプリだが、一体どういう内容なのだろうか。さっそくチェックしてみた。

ゲームの流れは秋葉原にいるオタクたちをスワイプで捕獲し、強制的に握手会へ連行。会場内で握手をさせてお金を搾取するというもの。その度に左上のゲージがたまり、マックスになると不細工な少女が少しずつ美人になっていく。さっそく画面下部の「秋葉原」をタップし、街へ繰り出そう。

バンダナに紙袋のオタクたちが路上に並んでいるので捕獲を開始。ひと通り捕獲を終えたら会場で握手会をはじめる。オタクをタップすると、女のコは「会いたかった」「どもども~」「ご主人さま」「すごいおっきいの」「びしょびしょぉ」と、ファンサービスも忘れずに握手をしていく。声は中々可愛らしいが、ファンが去ったあとは「くっさぁ~」「疲れちゃった」「変態」などとこぼす二面性に、したたかな本性を覗かせる。一回の握手で2万円が入金され、左上のゲージはすぐに整形費用の40万となった。

費用が貯まると、自動的に進化がはじまる。画面が明滅し、女の子の髪が金髪へと変化。顔にはまだ変化が無いが、次の進化で自前の衣装からCDデビュー後のものへと切り替わり、少しずつ、しかし確実にアイドル化していくことが確認できた。

メニューの「写真集」から進化の過程を詳細に確認できる。外見が進化するに連れて、女のコがコンサートを開いたり、有名音楽番組に出演したりと、確実にスターへの階段を上る様子についつい感情移入してしまう。形態が進化するたびに、鼻や目、輪郭などが修正され、どことなく前田敦子を思わせる風貌に変化していくのが見て取れる。果たして最終形態はどうなるのかは、自分の目で確かめてみてほしい。

有名アイドルグループなどはほとんどが整形しているという噂もある。しかし、顔や筋肉が発達段階の10代で無理な整形をすると、その20年後には顔面が崩壊してしまう危険性を指摘する専門家もいる。本アプリ「49人目の少女 -狂気のアイドル育成ゲーム」の主人公には、将来そういった悲劇が起きなければいいのだが……。(近藤夢太)

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

おすすめサイト