アンドロイドアプリレビュー

世界で2億回プレイされた“人類滅亡ゲーム”アプリ 「Plague Inc. 伝染病株式会社」の恐ろしすぎる内容

世界中で2億回以上プレイされた、人類を滅亡に追い込むシミュレーションゲーム「Plague Inc. -伝染病株式会社-」が日本語化され、ランキングを急上昇中だ。iOS版は有料アプリ1位を獲得、Android版も500万ダウンロードを突破する人気となっている。
Plague Inc._1Plague Inc._2
このゲームは病原体を世界中にバラ撒き、全人類を死滅させるのがゴールという恐ろしい内容。起動すると、まずは伝染病のタイプを選ぶところから開始。最初は「バクテリア」しか選択できないが、ステージを進むごとにウイルスや真菌、パラサイト、プリオン、さらにはナノウイルス、生物兵器なども使用可能になっていく。

最初の感染国をタップするとゲームがスタート。感染が進むと世界地図が赤く染まり、おどろおどろしいBGMが再生。不気味な雰囲気が高まっていく。
Plague Inc._3Plague Inc._4
感染が広がるにつれ、マップ上に「バイオハザードマーク」や「DNAマーク」が表示。これらを集めて獲得したポイントで、病原菌のパワーを強めていく。感染力をアップさせるには家畜や鳥、昆虫、空気、水といった感染経路から強化したいものを選択。例えば、家畜を選択した場合は、農村地帯での感染力が強くなる。まずは、空気や水での感染力を強化して、飛行機や船舶でウィルスを世界に拡散させていくのがいいだろう。

ゲームを有利に進めるコツは、病原菌をひっそりと全人類に感染させていくこと。やみくもに感染力をアップさせると、人類がその存在に気づき、対抗するワクチン開発がスタートしてしまう。「感染経路」や「症状」「能力」のバランスを巧みにコントロールし、戦略的にウイルスを拡散させることが求められるのだ。ユーザーレビューを見てみると、

不謹慎だと思いますけど… 意外と難しい頭脳ゲームだと思います。やってみて損はないです!
名前がつけれるのがいい(=´∀`) ロリコンウィルスとか勝手に作って感染させて一人で笑ってたww
ウイルスってこうなんだ!と勉強に こうやってウイルスって感染力が増すのかなぁーと思いました

と、不謹慎だと感じつつもゲームにのめり込んでいるユーザーが多いことが分かる。

Plague Inc. -伝染病株式会社-」の開発元はスイスのMiniclip社。2001年には当時の米国大統領、ジョージ・W・ブッシュ氏がディスコで踊り狂う「Dancing Bush」というFlashゲームで、世界の注目を浴びたことでも知られる企業だ。このところ、海外の有名ゲームの日本進出が相次いでいるが、今後もユニークなゲームの日本語版が登場することを期待したい。(EXドロイド編集部)

post-64170_t

Plague Inc. -伝染病株式会社-

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 無料
デベロッパ名 Miniclip.com

おすすめサイト