アンドロイドアプリレビュー

フジテレビ「逃走中」“非公式アプリ”が異例の人気 公式版より先に10万DLを突破

フジテレビ系列で特番として放送されている「逃走中」。出演者達が本気でハンターから逃走し、最後まで読めない展開がウケている人気番組だ。番組中に“自首”したドランクドラゴン・鈴木のTwitterアカウントが炎上し、それ以降“炎上芸人”として定着したのも有名なエピソードとなっている。

その逃走中をモチーフとしたアンドロイドアプリが「ただいま逃亡中」。一見するとフジテレビの公式アプリのように見えるが、あくまでファンが作った“同人ゲーム”。しかし、そのクオリティの高さが話題になり既に10万DLを突破するヒットアプリとなっている。

ゲームは番組のルールを踏襲しており、制限時間をハンター(ゲーム内では『ストーカー』)から逃げ切ればクリア。もちろん、番組と同様、時間が経つごとにハンターが新しく「放出」されるため、うまく逃げ切るのは至難のワザだ。

ステージはかなり狭いので、ときには一度わざと発見され、敵を引きつけるテクニックも必要。そんなときに役立つのが“スキル”だ。ゲーム開始時にキャラクターの男女を選択するのだが、男は短時間加速する「ダッシュ」、女はその場に身を隠す「隠れる」が使える。一度使うと十数秒ほど使用不可になるが、ここぞというときに使えば難を逃れられる。こういった駆け引きが重要な、ハマり度の高いゲームに仕上がっている。

なお、番組と違って、ハンターに捕まっても逃げた時間分だけ賞金はもらえる。この賞金を使ってスキルをパワーアップさせたり、新しいステージを開放することが可能だ。ユーザーレビューを見てみると、

「スリル感すごぃ! できると達成感もありとてもハラハラドキドキするゲームでたのしぃーです」
「めっちゃいい 逃走中が好きならやるべき!」

と高評価が連発される一方で、

「はまるけど 動きがカクカクで逃げにくい(^-^;」
「自首とかクエストとか、番組でやってる機能も付けてほしいな~」

と不満も多く投稿されている。かなり難度が高いゲームなので、ハマるまでに挫折してしまった人も多いようだ。なお、ゲーム開始時に移動方法は「スティック」と「ボタン」が選べるのだが、スティックでの操作はかなり難しいので、ボタンでの操作を強くオススメする。

そんな具合に同人ゲームながら大きな話題を呼んでいるアンドロイドアプリが「ただいま逃亡中」。フジテレビからは公式アプリ版「逃走中」も秋~冬にリリース予定とアナウンスされているが、同人ゲーム版が先にヒットしてしまった状況で、どのようなものがリリースされるのかにも注目していきたい。(町田大士)

post-63833_t

ただいま逃亡中

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 無料
デベロッパ名 ukkonen

おすすめサイト