アンドロイド関連ニュース

待望の「ドコモメール」登場に賛否両論 「キャリアメールはもう要らない」の声も噴出

10月24日、NTTドコモはスマホ向けの新メールサービス「ドコモメール」のサービスを開始した。スマホやタブレット、PCでも使えるようクラウド化されるなど、従来のspモードメールから進化を遂げている。サービス開始時はアンドロイド端末12機種のみ対応とのことだったが、ネット上には既にアプリのAPKファイルが流出しており、多くの機種で野良アプリとしてインストールできてしまう状態となっている。

当初の予定では今年1月にリリースされる予定だったドコモメール。相次ぐ延期の末にようやくサービスを開始したが、現段階でもまだ対応機種は少なく、ネット上では「事実上の延期だ」との声もある(なお、iPhone 5s/5cの対応は、12月中旬予定)。Twitter上では、

「spモードメールからドコモメールにしたらめっちゃ使いやすくなった! まずちゃんと受信してくれるし!!w」
「spメールからドコモメールになったら見やすくなった~♪」
「ドコモメールアプリ軽くて感動してる」

と、ユーザーからは概ね好評のようだ。メールが消える、自動でメールが受信できない場合があるなど、過去にトラブルを連発していたspモードメールと決別できただけでも喜ばしいというべきなのだろう。

ドコモメールのサーバー保存容量は1GB/2万件。上限に達すると古いメールから自動で削除される。最大の特徴であるクラウド化以外にも、外部のアプリと連携してデコメを簡単に利用できるなど、ドコモメールならではの機能も用意されているが、迷惑メールの受信拒否などの設定はドコモメールアプリからではなく、ドコモのサイトに接続して行う仕様は従来のまま。また、メールの表示が「クラウド」、「ローカル」と2つに分かれているのも分かりづらい。クラウド化は複数のデバイスで使うときや機種変更時には便利に感じるが、spモードメールよりも動作が軽くて速くなったこと以上のメリットは感じない。

また、ドコモメールとGmailを比較した場合、1人当たりのサーバー容量の物足りなさ(Gmailは15GB)は言うに及ばず、Gmailは他キャリアに機種変更をしたときでも利用できるという点を考えると、Gmailに軍配があがる。ドコモメールを利用する場合、spモードの契約で月額315円、12月後半にサービスを開始する、迷惑メールなどを撃退できる「あんしんネットセキュリティ」に加入すれば、さらに月額210円かかる。合計で525円の月額使用料は決して安いとはいえないだろう。

LINEやFacebookのメッセージなどでのやり取りが主流になりつつある今、あえてキャリアメールを使う理由はどんどん薄れている。2013年元日には、いわゆる「あけおめメール」は激減し「わざわざメールサーバーを増強したのに、 肝心のトラフィック自体が昨年より減ってしまった」という大手キャリア幹部の声も聞かれたという。現時点ではドコモメールは「spモードメールよりもマシ」という点で評価されている。しかし、ガラケーが主流だったころに活躍したキャリアメールは、もうその役目を終えつつあるのが現実だ。(岡嶋佑介)

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト