アンドロイドアプリレビュー

これぞ究極の“添い寝アプリ”  「安眠ひざまくら~就寝5分前の癒しタイム」の圧倒的クオリティ

モテない男にとって、女のコのひざまくらは夢のまた夢。しかし今はそれをアプリで堪能できる時代になった。アンドロイドアプリ「安眠ひざまくら ~就寝5分前の癒しタイム~」は黒髪美少女のひざまくらで、日々の愚痴を聞いてもらったり、子守唄を歌ってもらったりしながら、安眠へと導いてくれるアプリ。最近では寂しさを埋めるために、キスもセックスもしない添い寝だけの「ソフレ」という関係もあるのだというが、本アプリで果たして寂しさは埋められるのだろうか。さっそく試してみた。

アプリを起動すると、「あたしのことを指名してくれて、ありがとうございます。あなたの快眠のお手伝いを、一生懸命させていただきます」と、白崎楓ちゃん(19)が元気に挨拶。家事全般をこなしながら、芸妓の道を目指すうお座のAB型。頑張り屋だがドジッ娘という鉄板の属性に、すでに期待が高まる。「ひざまくら開始」をタップする。

上から見下ろすようなアングルの楓ちゃん。頬を赤らめ、恥ずかしそうに目をパチパチさせる様子にこっちまで緊張してしまう。胸元をタップしてみると、「そういうことされるのは嫌いです。な~んちゃって、冗談ですよ~」「おっ、汚職事件? なーんだ、お食事券かあ、びっくりした~」と、笑顔だったり焦った顔だったり、様々な表情を見せてくれる。メニューの「聞いてもらう」をタップし、「今日は涼しかったね」と言ってみると、「あなたといると、やっぱり落ち着くなあ」との返事。楓ちゃんも眠いようだ。

「子守唄」をタップすると、小さく囁くように、「ねーんねん、ころーりよ」と、子守唄が始まる。イヤホンで聞いていると息遣いや口が開閉する音まで聞こえるリアルさ。音程がちょっとずれていたりもして、実際に耳元で子守唄を歌ってもらっている感覚に陥る。最近は添い寝系のCDも販売されているが、それと比べても遜色のないクオリティだ。あとは、タイマーを設定し、楓ちゃんの歌声を聞きつつおやすみなさいという流れだ。

その他、「昔話を聞く」「耳かき」といったモードも実装。こちらもかなりリアルな音声で、実際にされているような感じになった。とくに耳かきは、ときどき取りにくい箇所があるようで、「よいしょ…」と苦心しつつ掃除をしてくれるので、終わったあとは、ちょっと恥ずかしいような気持ちになる。

添い寝系のアプリはもはや定番のジャンルとなっているが、耳掻きや愚痴聞き、子守唄と全方位からその楽しさが堪能できるのがこのアプリ。美少女のひざまくらの気持ち良さを思い切り堪能できるアプリ「安眠ひざまくら ~就寝5分前の癒しタイム~」で、新たな快眠ライフを楽しんでみてはいかがだろうか。(近藤夢太)

 

おすすめサイト