アンドロイド関連ニュース

GalaxyS IIに続くドコモの最新7端末を一挙紹介!!!

正式発表はまだされていないが、パンフレットのリーク写真で続々と明らかになりつつある、ドコモの2011年夏モデル製品。現状で登場がほぼ確定した、夏モデルのAndroidケータイを見てみよう。当サイトではすでに『Xperia arcを超える高性能端末 日本上陸予想』という記事でも紹介したように、GlaxyS IIのパンフレット画像なども大型掲示板などにアップされている。夏に買うスマートフォンをいまから検討だ!

「Galaxy S II SC-02C」
夏モデル最重要端末のGalaxyS II。CPUが自社製のデュアルコア1.2GHzがなんといっても光る。さらに日本版はワンセグ搭載。赤外線通信、おサイフケータイには対応していないものの、海外端末をそのまま持ってくるのではなく、機能を追加してくれるのはありがたい。6月発売予定。

同時期に発売されるモデルの中では圧倒的なスペックを誇るGlaxyS II。こいつは”買い”だ!

「Xperia acro SO-02C」
ウワサ段階だったXperia acroもパンフレットのリーク画像が登場。スペックを見る限りは、デザイン面でこそ違いはあるものの、「Xperia arc」にワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信が付いた完全なアッパーバージョン。製品としてのインパクトには欠けるものの、性能的な面では文句なしの一品だろう。

かねてから噂されていたXperia acro。au版のIS11Sもほぼ同スペックだろう

「MEDIAS wp N-06C」
3月に発売された「MEDIAS N-04C」の後継機。0.2mm厚くなったため、最薄スマートフォンではなくなってしまったが、代わりに防水機能が追加。機能的な目新しさよりもあくまで日本人の使いやすさを追求した”ガラスマ”といえる。

良機種なのは間違いないが、薄さと防水機能でどこまで戦えるか

「AQUOS Phone SH-12C」
シャープは夏に2台を投入。東芝のREGZA Phoneに倣ってかAQUOS Phoneと名付け、ツインカメラによる3D動画撮影機能を前面に押し出している。注目はCPUがシングルコアとはいえ1.4GHzである点とディスプレイの解像度が960×540であること。バッテリーが若干少なく感じるが、3Dに魅力を感じるのであれば文句なし。

CPUの性能が光るSH-12C。国産Androidケータイの中では要注目な1台

「AQUOS Phone SH-13C」
SH-12Cから3D機能を除き、防水機能を追加したモデル。ただし、現時点ではCPUなどは明記されておらず、今後の情報が待たれるところ。

スペック表はSH-12Cのものと同一。まだ未確定な項目が多い

「Optimus bright L-07C」
パンフレットによるとLG社製のOptimus brightの特徴は、世界最大輝度のディスプレイを採用しており、とにかく明るいとのこと。Android2.3搭載だが、ワンセグなどのガラケー機能は非対応、カメラも510万画素と、スペック面では同時期の他機種と比べてもやや厳しい。

海外製だが、スペックは物足りなく感じるかも。だが、ディスプレイのキレイさは気になるところ

「F-12C」
スペックはまだ明らかになっていないが、富士通のAndroidケータイ。防水機能のほか、Androidケータイ初心者でも扱いやすいように独自のナビゲート機能が付いている模様。

デザインがやや古臭い気がする。ターゲットの年齢層は高めなのだろう

「P-07C」
こちらもスペックは明らかにされていないが、パナソニック製Androidケータイ。かなり女性を意識したデザインになっており、片手で操作できるように配慮されているほか、ホーム画面やキーパッドなどのデコレーション機能にも力を注いでいるようだ。

女性向けAndroidケータイとしてがんばってほしい。デザインはかなり良い感じ

このように、現時点で判明しているだけでもドコモに夏モデルで8台のAndroidケータイが参入する。過当競争になっている感は否めないが、選択肢が増えるということはユーザーにとってはいいことだろう。その中でもGalaxyS IIがアタマ1つ抜けているのは間違いない。今後の国産Androidケータイの奮起にも期待したいところだ。(岡嶋佑介)

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト