アンドロイド関連ニュース

新型iPhone発売の裏でAndroid端末が投げ売り!!? 「10万円のキャッシュバック」実施の店も出現

iPhone 5S/5Cが9月20日に発売されて大人気となる一方、MNPによる顧客の争奪戦が激化している。NTTドコモは、iPhone 5S/5Cの発売に先立ち、元ドコモユーザーに対して基本使用料を実質0円にする「おかえり割」を用意。他のキャリアもMNPの乗り換え用プラン、iPhoneの旧機種を下取りするなどのつなぎ留めに必死になっているが、その一方で激化しているのがAndroid端末の投げ売り合戦だ。

とくにauはすさまじく、一部のショップでは今年の夏モデルであるHTC J One(HTL22)を一括0円+100,000円のキャッシュバックなどを実施。同様にiPhone5や、Xperia UL(SOL22)などの端末でも一括0円+高額のキャッシュバックを実施する店舗が現れている。MNPによる転入やauスマートパスへの加入など、いくつかの条件はあるものの、不要なコンテンツは翌日に解約すれば端末を無料で入手することが可能。さらに、キャッシュバックにより、高額なお小遣いも稼げてしまうというわけだ。

そもそもなぜこのようなキャンペーンが行われるかといえば、キャリアからの報奨金がケータイショップに支払われるからだ。ショップ店員は過激なキャッシュバックの構造についてこう語る。

「ユーザーはキャッシュバックでお得に新しい端末が入手できる。私たちは販売数の実績を作れる。キャリアさんは在庫がさばけて契約数が増える。キャッシュバックキャンペーンは表面的にはその3者がいずれも得をする関係なんです」(ショップ店員)。

キャッシュバックにはキャリアの”端末販売奨励金”が充てられるため、実質的にはキャリアが割を食っているのだが、その分の予算を確保するために通信料が高額に設定されているのだ。

ネットではこのようにキャッシュバック目当てでキャリアを渡り歩くユーザーを“MNP乞食”と呼ぶが、彼らに言わせれば通常どおり契約をしているユーザーは“養分”だという。たしかにこれだけのキャッシュバックがあると、通常の端末の代金を払って機種変更をするはバカバカしく思えたりもする。ただし、運用にもテクニックが必要で、同じ回線で頻繁にMNPを繰り返すとブラックリスト入りになる危険もある。また、大型のキャッシュバックの情報は、ケータイショップのTwitterで期間限定で公開されている場合が多く、マメに情報をチェックする努力も必要だ。

過剰な端末販売奨励金についてはたびたび議論が起こっているが、ドコモのiPhone発売で3社が同じ土俵に立った今、さらに顧客の争奪戦はヒートアップしていきそうな雲行きだ。(岡嶋佑介)

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト