アンドロイド関連ニュース

みのもんたは東電に消された!!? 次男逮捕は「原発批判への報復」説がネットで拡散中

人気司会者・みのもんた(69)の次男が窃盗未遂容疑で逮捕され、その責任を取ってみのが朝の情報番組『みのもんたの朝ズバッ!』(TBS系)の出演を自粛している問題で、一部ネット上で「原発絡みの発言で東京電力に消された」との説が持ち上がっている。

ここ最近、みのは国の原発政策を痛烈に批判しており、10月に福島第一原発4号機の建屋内の様子を取材する予定であることも明かしていた。その矢先に女子アナへのセクハラ疑惑が発生し、続けて次男が逮捕されたため、この不祥事の連続を不審に思った人々が陰謀説を唱えているようだ。

報道では、次男は職場近くで泥酔していた男性のバッグを奪い、盗んだキャッシュカードで金を引き出そうとしたとされている。だが、日本テレビの社員で高級マンション暮らしの次男が金に困っているとは思えない。また、カードが入っていたバッグにもサイフからも、次男の指紋が発見されなかったと伝えられており、それほど慎重だったのにカードの暗証番号が分からずに金の引き出しに失敗し、防犯カメラにも素顔がバッチリ映るというお粗末さには不自然さを感じる。

この事件の前、みのはラジオ番組で「オリンピックに6000億使う日本が、福島原発の汚染水処理には470億。いいのかね、これで」などと安倍政権の原発対応と東京五輪決定の浮かれぶりを痛烈批判していた。TwitterやFacebookなどでは、以下のような声が上がっている。

「セクハラや次男逮捕が原因じゃなく、原発問題の発言で干されたのか…」
「権力に狙われた可能性大だね。原発の闇に切りこむと推進派に消される」
「最近、みのもんたの『原発』に関する姿勢は、脱原発派から見れば拍手喝采もののコメントが多かった。一つの見方だが、権力に狙われたのかもと」

陰謀説を支持するのは一般ユーザーだけではない。小田原市議会議員の佐々木ナオミ氏も自身のTwitterで「みのもんたさんがオリンピックと福島原発の問題についてここまではっきりと発言してたのは知らなかった。なんだか、先日の息子さんの事件と関係ないのだろうか?セクハラ疑惑とかも。考えすぎ?」とつぶやいている。

一方、陰謀説を疑問視するユーザーたちは「エロ親父とバカ息子の問題が何で原発に関係してくるんだ」「放射脳の妄想はすごいな」などと批判。また、前出のようにセクハラ問題や次男の逮捕を「大事の前の小事」と見ているユーザーもいるが、それに対して「反原発のためなら法律や女性の人権を無視してもいいのか」といった声も上がっている。実際のところ、業界で陰謀論はどう見られているのか。

「みのさんのセクハラ癖は確かに『今さら…』というくらい有名でしたが、あれだけハッキリ映ってしまったら問題になって当然。いくら番組で反原発の発言をしようとストップが掛かったことはありませんが、セクハラ疑惑が報じられた途端にスポンサーから抗議が殺到し、大問題になりました。次男の逮捕がなくても、何らかの対応はとらなければいけなかったでしょうね。大体、みのさんは震災直後に『風評にうろたえるな』などと声高に叫んでいましたが、今では180度変わっている。その時その時で、主要視聴者層の中高年にウケそうな“庶民派”の発言をしているだけで確固たる主義主張があるわけではないんですよ」(テレビ局関係者)

2007年に新潟県の柏崎刈羽原発で事故が起きた際も、みのは「今の世の中、原子力発電を否定したら日本は立ち行かない」「クリーンなエネルギーを生む一つの手段」などと原発を推進するような姿勢を見せていた。少なくとも、根っからの反原発というわけではないようだ。

とはいえ、次男の逮捕に不可解な点が多いのも事実だが…。

「次男は高校時代から万引きグループに所属していた有名なワルで、日テレでの勤務態度も良くなかった。しかも、現場周辺で多発していた窃盗事件との関連まで取りざたされており、盗みの常習者だった可能性もあります。陰謀とするには、あまりにもバカ息子ぶりが目立ちすぎていますね。陰謀と考えるより、父親のセクハラ疑惑をウヤムヤにするためにわざと捕まったという説の方がまだ説得力がありますよ」(週刊誌記者)

まだ事件の全容が明らかになっておらず、想像の余地があるとはいえ、芸能人と家族の不祥事まで「陰謀」と決めてかかるのは早計のようだ。(佐藤勇馬)

画像引用元:「みのもんたの朝ズバッ!」公式サイト

http://www.tbs.co.jp/asazuba/

››佐藤 勇馬の記事一覧

佐藤 勇馬

フリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、WEBや雑誌などでネット、携帯電話、芸能、事件、サブカル、マンガ、宗教問題などに関する記事を執筆している。媒体によっては、PN「ローリングクレイドル」で執筆することも。今年1月に著書『ケータイ廃人』(データハウス)を上梓。 Twitterアカウントは @rollingcradle

おすすめサイト