アンドロイドアプリレビュー

ネットで話題の“鳥取県VS島根県”の戦い 「観光アプリ」では鳥取が大きくリード!!?

鳥取県というとどのようなイメージをお持ちだろうか? 鳥取砂丘や、蟹、温泉などが有名だが、ネット上では「鳥取県と島根県の区別がつかない」という声が上がっている。「島根は鳥取の左側です」「スタバがない鳥取県VSアニメイトがない島根県」といった声もあるが、今回は鳥取市が本気で制作したアンドロイドアプリ「鳥取市観光ガイド」を紹介したい。

鳥取市の観光に焦点を当てた本アプリは、観光名所や飲食店、シーズンごとのイベント情報、さらにはバス情報検索システムによるルート検索など、必要な機能が“全部入り”の内容。ライバルの島根県に本気で攻勢を仕掛けているとも取れる意気込みだが、その使い勝手はどんなものだろうか。さっそく試してみた。

アプリを起動するとカラフルなメニューが表示される。「行ってみんさい、ランキング10」「鳥取市からのお知らせ」「イベント情報」「Wi-Fiスポット」「タウンガイド」と、そのどれもが外部からの人間のニーズに対応したものばかり。

「ランキング10」を見てみると、観光地・飲食店別にランキングが分かれている。観光地の1位は予想通り鳥取砂丘。2位、3位を見てみると、両方とも所在地も近く、白うさぎに関係したスポットのようだ。タップで詳細を確認してみると、神話「因旛の白うさぎ」の舞台とのことで、神社内の「御身洗池」には皮膚病や縁結びの効能があるとのこと。Googleマップ連動の「ここへ行く!」やパスネット連動の「パスネットで行く」などの機能も充実している。

メニュー「観光地情報」も見逃せない。歴史や自然、日帰り温泉にレジャーなど、計7のカテゴリに分類されており、さらにタップを進めるとそれぞれ2-30ものスポットが表示される。最初は歴史的名所を訪れて、次は温泉で羽を伸ばして……と、一日の計画も立てやすそうだ。

また「イベント」から、現在開催中のイベントをチェックしてみると、「鳥取市文化ホール」では、都山流の尺八演奏会があるとのこと。三代の星田一山氏も特別出演とのことなので、邦楽好きならば要チェックのイベントと言えそうだ。

そんな具合に、かなり完成度の高い観光地アプリと言えるのが「鳥取市観光ガイド」。ライバルの島根県のほうは、あの「鷹の爪団」と強力タッグを組み「島根か鳥取か分からないけどそこら辺に行きました。」という名前のチョコパイを売り出して話題作りに励んでいる。にわかに盛り上がった鳥取と島根の戦いは、まだまだ続いて行きそうだ。(近藤夢太)

post-62171_h

鳥取市観光ガイド

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,エンタメ,交通/地図/旅行
価格 無料
デベロッパ名 飛鳥情報経済研究所

おすすめサイト