アンドロイドアプリレビュー

ホリエモン絶賛の“情弱にならない”ニュースアプリ 「Antenna」が発信する衝撃情報 

今年3月、2年間に及ぶ刑務所暮らしを経て社会復帰したホリエモンこと堀江貴文氏。釈放直後はその激痩せぶり姿が注目を浴びたが、8月には念願のロケット打ち上げにも成功。獄中の読書体験を基に執筆した著書『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた』の売れ行きも好調だ。

そんな堀江氏がアドバイザーを務めるニュースアプリとして注目されているのが「キュレーションマガジン『Antenna』」。塀の中で「情弱にならないために必死に戦った」という堀江氏が推薦するアプリだけに、その実力にはかなり期待できそうだ。

「Antenna」は情報をキュレーションできる“スマートフォトマガジン”というコンセプトのアプリ。他のニュースアプリとの大きな違いは、テキストではなく各記事の写真をメインビジュアルとしている点。画面をスワイプすると次々と新しいニュースが目に飛び込んでくる。

雑誌をめくるような感覚でニュースを眺めていると、目に飛び込んできたのがシャンプーハットのような器具を顔に装着し、ラーメンを食べている少女の写真。一体これは何なんだ? と思ってタップしてみると「外国人が脱力した日本の珍発明」というニュースサイト「Pouch」の記事だった。他にも、「後ろにいる人の声を聞くためのヘッドフォン」という奇妙な道具の写真も掲載。これらが本当に発売されていたというから驚きだ。

「Antenna」では厳選された160以上のメディアから毎日500件以上の記事を配信中。人気記事ランキング上位にはファッションやグルメ、インテリアなどの話題が並んでいるが、ITや家電、アニメ、芸能などの話題も充実。自分が気になるジャンルのニュースを「マイアンテナ」で絞り込んで表示することも可能だ。

気に入った記事を発見したら、まずは「クリップ」に保存。さらに、似た傾向の記事を集めて「クリップブック」を作成すればオリジナルの電子書籍的な楽しみ方もできる。「クリップブック」はユーザー同士でフォローできるので、自分の趣味に合うユーザーがいたらどんどんフォローしてみよう。

編集部で気になったのは「ザ・シュール」という名前のクリップブック。外国人の間で「奇妙な日本みやげ」として話題の「ひざ枕クッション」や、“街で見つけたら幸せになれる”と噂の「セーラー服おじさん」など、インパクトのある写真とともにユニークな話題を提供している。また、かわいい猫の画像をひたすら集めた「猫クリップ」や、天体マニアにはたまらない「Antenna天文部」、「あげあげ東京五輪!」といったクリップブックも人気となっている。

そんな具合に、従来のニュースアプリとは全く違ったアプローチで新しい話題に出会えるのが「キュレーションマガジン『Antenna』」の魅力。雑誌感覚でサクサクと読み進めるうちに、情報のアンテナの感度が高まっていく。運営元のグライダーアソシエイツは今年8月、20億円の資金調達に成功したことも話題を呼んだ。「年内に100万ユーザー突破が目標」(担当者)という「Antenna」の今後に注目していきたい。(EXドロイド編集部)

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

おすすめサイト