アンドロイド関連ニュース

「艦これ」にも最適な“ゲーム専用タブレット” 「SUPERGAMER俺」が16800円で登場

スマホでゲームを楽しんでいる人は多いが、画面上にコントローラーが表示されてタップで操作するタイプのゲームは、お世辞にも操作性がいいとは言えない。最近は凝った内容のアクションゲームも数多くリリースされているが、ゲーム好きの間では「これがコントローラーでプレイできたらなぁ…」との声も多数上がっている。

そんな中に登場したのが“日本初のコントローラ搭載タブレット”である「SUPERGAMER俺」。方向キーとボタン、アナログスティックを搭載し、発表直後からゲーマーを中心に大反響を呼んでいる、“ゲーム専用タブレット”なのだ。

操作はゲームごとにボタンを割り当てられる「ボタンマッピング」機能によって対応可能になっている。ゲーム側で設定されたボタン配置が気に入らない場合はカスタマイズすることもできる。これでさまざまなゲームを快適にプレイできるだろう。

また、本体は7インチ液晶のアンドロイドタブレットと変わらないため、ゲーム機よりも自由に活用できるのも利点。Google Playストアからゲーム以外のアプリをインストールすることもできるほか、当然ながらWi-Fiを使えばインターネットも利用可能。Firefoxなど、フラッシュ再生に対応したブラウザを使えば、フラッシュのゲームもプレイできる。大人気の「艦これ」もほぼ快適に遊べるなど、これまでのアンドロイドタブレットを超えた操作性が話題になっている。

また、16800円という価格も魅力的。単純にAndroid4.1搭載した7インチタブレットとして考えても、デュアルコアCPU、メモリ8GBというスペックは十分な仕様と言えるだろう。

開発にあたったのはスマホ用アクセサリーなどを製造・販売しているスペックコンピュータ株式会社。「予想を上回る反響で、社内はパンク状態です。対応しきれないほどのご注文を頂戴しております」(同社・薙野氏)とのこと。

“SUPERGAMER俺”という、インパクトある独特のネーミングについては、

「とにかくゲーム専用タブレットであることを表に出すために『SUPERGAMERという名前がまずできました。そこに、日本のメーカーが作っていることをアピールすべく漢字を入れたいという話になり、『私たち自身がゲームコンソールを作る』という意味と『これからは自分でアプリを作って発信する時代。その場を提供したい』という思いを込めて一文字で『俺』と付け加えました」

と、熱い“ものづくり”の魂が込められているようだ。。

そんな具合に、今までありそうでなかったゲーム特化型タブレットが“SUPERGAMER俺”。ゲームをプレイする上で「ボタンを押した感覚」というのは意外に重要だ。ダイレクトに「操作感」が得られるこの端末はゲーム好きに必須のアイテムと言っても過言ではないだろう。昨今は海外メーカーに押され気味の国産タブレットだが、こういったニッチな着眼点からヒットを生み出そうとする姿勢は素晴らしい。今後も独自路線のタブレットが登場することに期待したい。(町田大士)

■YouTube: 「リアルサッカー 2013」を『SUPERGAMER俺』でやってみた

››町田 大士の記事一覧

町田 大士

クルマ雑誌、PC雑誌の編集を経てフリーライターに。いろいろふらふら書いている。使用端末はXperia→Xperia arc→Galaxy S IIIと変遷している、わりと初期からのAndroidユーザー。Twitter:@write_machida

おすすめサイト