アンドロイドアプリレビュー

小中学生のスマホユーザーも絶賛!!? 「勉強時間管理」アプリが5万DLを突破

日経BPコンサルティングの調査によると15歳から24歳の男女におけるスマホ普及率は、今や60%以上とのこと。ゲームなどのエンタメ系アプリに限らず、このところ急速に利用者を伸ばしているのが試験勉強などに使える学習系のアプリだ。そんな中、全国の学生たちから絶大な支持を集め、5万ダウンロードを突破しているアンドロイドアプリが「勉強時間管理」だ。

直感的なタップ操作で学習時間を管理できるこのアプリは、試験日までの日数をウィジェットで通知する機能なども実装。ユーザーからの平均評価は4.6という高評価となっている。ユーザーレビューをチェックしてみると、

「小学校6年生の娘が記録しながら勉強しています。自ら勉強するようになったので開発者の方に感謝」
「このアプリを使い始めてからすごく勉強への意欲が湧いた気がします」
「とってもいいです 受験生なんですけどとっても役に立ちました」

と、あらゆる層の学生から絶賛の声が相次いでいる。小中学生からの書き込みも多く、改めて若年層へのスマホの浸透ぶりを実感させられた。

使用方法は非常にシンプル。トップ画面右上の「設定」から、科目名や学習目標時間、時間割に表示されるカラーなどを設定。トップに戻り日付をタップし、勉強する科目や時間といった情報を登録していく。

定期テストや入試などの試験日の設定も可能で、それぞれのゴールに向けて学習の開始・終了日を設定できる。毎日の勉強スケジュールをアラームで通知する機能も実装されているので、日々の学習習慣の構築にも役立つアプリと言えそうだ。

さらに、本アプリは学習のスケジュール管理だけでなく、試験のシミュレーションにも使えるタイマー機能も搭載。画面内左下のボタンからストップウォッチへの切り替えも可能なので、時間との勝負であるTOEIC試験を始め、様々な試験を想定して挑戦してみるのもいいだろう。

そんな具合に、学生から社会人まで幅広く利用できそうなアンドロイドアプリが「勉強時間管理」。スマホを通じ学習へのモチベーションを高めてくれるアプリとして注目したい。(近藤夢太)

post-61504_h

勉強時間管理

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ツール
価格 無料
デベロッパ名 ひろん

おすすめサイト