アンドロイドアプリレビュー

「30歳童貞」の“都市伝説”が待望のアプリ化 ギャルゲー配信アプリ「すまドラ!」が人気急上昇中

「童貞のまま30歳になると魔法使いになれる」という都市伝説がある。およそ10年前にネットで広まり、今でも童貞達によって自虐的に語られているネタだ。その都市伝説をテーマにしたアドベンチャーゲーム「魔法使いと色情魔」が、アンドロイドアプリ「すまドラ!」で配信開始。久々に登場した本格的童貞作品として注目を集めている。

「すまドラ!」は株式会社ランド・ホーが立ち上げた美少女ノベルゲームのポータルアプリ。その第一弾として現在公開されているのが「魔法使いと色情魔」。文庫本4~5冊分という大ボリュームのシナリオをベースとし、作画にはギャルゲーなどで人気の「磁油2氏」と「tamago氏」を起用。

「売れないエロ漫画家が1週間後に童貞のまま30歳を迎えようとしているとき、自分の書いた落書きからネコミミ美少女が現れる」というストーリーで、まさに童貞の欲望ど真ん中な設定だ。現れた少女は、

「このまま30歳を迎えると魔法使いになっちゃうにょぉ!!」

と語り、そのまま押入れに居座るという「押しかけ型」の展開でストーリーは始まる。「モブ子」と名付けられたこのネコミミ美少女は、主人公に童貞を捨てさせるのが使命だと説き、売れないエロ漫画家を振り回していく。このスラップスティックな感じのラブコメというのも実に王道で、全編にわたり童貞らしい妄想が炸裂しているのが素晴らしい。

ヒロインは4人。モブ子の他にも、主人公の担当編集者で、垢抜けない感じのメガネっ娘の「萌子」、アパートの大家の娘で主人公に気のある「音々」、そして主人公がアシスタントをしていた人気漫画家の「美智子」が登場する。もちろんセリフはフルボイスになっているほか、ゲーム中にコスチュームを入手すれば、スク水やパジャマ姿といったコスプレにヒロインを着替えさせることが可能だ。

シナリオは4人のヒロインそれぞれが絡みあって展開する複雑なストーリーになっている。すべてのシナリオが気になるところだが、ゲーム進行に必要な“ハート”は5個と制限されている。課金すればすぐ続きを読むこともできるが、時間が経てば回復するため、無課金でも楽しめるようになっている。

そんな具合にアラサー童貞の魔法使いという、やや使い古されたネタを上手くアレンジした美少女ノベルゲーム「魔法使いと色情魔」はギャルゲー好きにはたまらない内容。こんな高品質なノベルゲームが続々と登場する予定というアンドロイドアプリ「すまドラ!」の今後に注目していきたい。(matt)

post-61163_t

すまドラ!

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム,ノベルゲーム,萌え
価格 無料
デベロッパ名 株式会社ランド・ホー

おすすめサイト