アンドロイドアプリレビュー

渋滞にハマる前にチェックしたい神アプリ 「渋滞ナビ」の“クラウド情報“が使えると評判

お盆を故郷で過ごした人たちのUターンラッシュがはじまった。今年も各地の高速道路では最長30キロにも及ぶ渋滞が発生する見込みとのこと。高速のサービスエリアで交通情報をチェックしたり、ナビを見て回避したつもりでも、ラッシュ時にはいつの間にか渋滞が発生し、なかなか思ったとおりに進めなくなることがある。

そんなときに役立つアンドロイドアプリが「渋滞ナビ」。既に100万ダウンロードを突破しているこのアプリは「クラウド渋滞情報」を参照することで、各地の詳細な渋滞情報を、素早く確認できると絶賛されている。

「クラウド渋滞情報」とは、デベロッパーのフリックテック社が提供しているシステム。これは、ユーザーから位置情報と速度を取得し、渋滞エリアを判断するというもの。このシステムによって「今混んでいる道」がリアルタイムで正確に分かるようになっているのだ。

他のナビアプリでも日本道路交通情報センターなどの渋滞情報を参照できるものはあるが、クラウドならではの情報を参照できるのはこのアプリ独自の強み。現在はベータ版として運用中だが、このアプリ内ではGoogleが提供する渋滞情報も併せて参照できるので、状況に応じて使い分けるといいだろう。

さらに、「渋滞ナビ」が便利なのは全国の高速道路の規制・渋滞情報や、目的地までの所要時間を示す「旅行時間」が確認できる点。渋滞や規制の状況によっては、あえて高速道路を使わないという選択肢も考えられるので、これらをチェックして柔軟に対応していきたい。

ユーザーレビューを見ると、

「すごい!GWで使ったけど、めっちゃ正確な情報で使いやすい」
「車乗る人のマストアプリだね。便利です」
「すばらしい!必要な情報を一発表示。しかも無料というのがさらにすばらしいです」

と絶賛のコメントであふれている。このアプリにはGoogleマップ上の渋滞情報を見ながらドライブできる「ドライブモード」も用意されているため、車内のスタンドに固定すればカーナビとして使用することも可能。大型連休だけでなく、クルマで遠出する際には必須のアプリと言えそうなアンドロイドアプリが「渋滞ナビ」。スマホに標準搭載されているGoogleのナビアプリも便利だが、渋滞情報の正確さに不満がある人も多いだろう。そんなときはまずこのアプリを試してみてほしい。(町田大士)

post-60831_t

渋滞ナビ

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,交通/地図/旅行
価格 無料
デベロッパ名 flictec Inc.

おすすめサイト