アンドロイドアプリレビュー

“鉄オタ”じゃなくても楽しめる列車追跡アプリ 「いまどこ?鉄道マップ」が面白いと評判

世間はお盆シーズン真っ盛り。新幹線などを利用して帰省している人も多いだろうが、全国の新幹線をはじめ各地域の列車の現在位置を地図上に表示するアンドロイドアプリ「いまどこ?鉄道マップ」が面白いと話題になっている。ユーザーレビューには、

「ホントに総合指令所に勤務している様に感じます!!」
「楽しいです 子供が電車が好きなので、一緒にながめてます」

といった具合に、鉄道ファンならずとも楽しめる、と絶賛されているのだ。

アプリを起動すると、全国の新幹線の路線図が表示される。東海道新幹線や東北新幹線、上越、山陽などの6路線のほか、「ミニ新幹線」と呼ばれる直通運転型の秋田新幹線、山形新幹線を加えた全8路線が表示できる。

路線の上を移動する三角形をタップすると列車の情報が表示され、「今どこを走っているか」がつぶさに分かるようになっている。アプリの説明文によるとこのデータは「時刻表と列車性能に基づいて列車の位置を計算しています」とのことで、地図を眺めているだけで、車窓からのリアルな情景を思い浮かべて楽しむことが可能だ。

また、新幹線だけでなく、追加データをストアから購入すれば地下鉄やJR、ローカル線の表示も可能なため、鉄道ファンとしてはたまらないだろう。なお、無料で追加できるデータもあり、関東なら京成電鉄とつくばエクスプレス、九州なら福岡市営地下鉄といったデータがダウンロードできるようになっている。

このアプリのデベロッパーは神戸に本拠を置く株式会社那由多屋(なゆたや)。代表の加藤氏はブログで自らを「那由多屋の鉄ちゃん代表です」と述べているとおり、鉄道関連のニュース専用閲覧アプリ「鉄ニュース」など、鉄道関連アプリの第一人者として知られる存在。東日本大震災の直後には鉄道の運休・遅延情報を表示する「鉄道運行マップ」(現在は公開終了)をいち早くリリースして話題になるなど、鉄オタならずとも注目すべきデベロッパーと言える。

追加データを含めると北海道から九州まで、ほぼ全国の路線を網羅しているアンドロイドアプリ「いまどこ?鉄道マップ」。ニッチなテーマのアプリながらダウンロード数は既に数十万件に達している。時刻表の更新や新しい路線の対応にも精力的に対応しており、今後のさらなる充実に期待したいアプリと言えそうだ。(町田大士)

post-60764_t

いまどこ?鉄道マップ

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,交通/地図/旅行
価格 無料
デベロッパ名 Nayutaya Inc.

おすすめサイト