アンドロイドアプリレビュー

アプリ経由の売上が15億円突破 タクシー業界の“スマホ新戦略”「タクおじ」が話題に

今やすっかり定着した感があるのが、スマホでタクシーが呼べる「タクシー配車アプリ」。日本交通が2011年1月にリリースした「日本交通タクシー配車」がそのさきがけで、同年12月には全国の主要都市で使える「全国タクシー配車」が登場。Android版だけでも数十万ダウンロードを超える定番アプリとなっている。

最近では降車時の支払い手続きが不要になる新サービス「ネット決済」も導入。そんな中、タクシー業界の新たな試みとして注目されているアンドロイドアプリが「タクおじ」だ。

このアプリは出発地点と目的地を指定するだけで、可愛いおじさんキャラがタクシー料金を教えてくれるというもの。目的地の入力は、テキスト入力のほか、地図上のタップでも可能。深夜料金や高速道路の使用も考慮して料金を計算できる点も好評となっている。また、「乗車人数」を設定しておけば、一人あたりの金額も割り出してくれるのも便利な機能と言える。

さらに、検索結果の画面で「タクシーを呼びたい方はコチラ」をタップすると、「全国タクシー配車」が立ち上がり、そのままタクシーを呼ぶことができる。

ユーザーレビューには

「こりゃいい! 料金にあまり誤差がなく、あてに出来て助かりました!」
「料金を調べてから乗れば安心してタクシー乗れる!デザインも可愛いー♡ 」

といった声が掲載。「カワイイ」と評判のキャラクターは、人気の“おじさんアプリ”を多数リリースしているFuller社のオリジナルキャラ。検索画面のおじさんをタップすると 「昔(大正元年)はタクシーの初乗り料金は今の価値で1600円だったんだおじ」 「タクシーは車検を毎年やっているので安心安全なんだおじ」 といった豆知識を披露してくれる。

不況が続いていると言われるタクシー業界だが、日本交通の発表によると、今年の7月には「アプリ経由の売上が15億円を突破した」とのこと。タクシー業界のスマホ戦略の次の一手としても注目したいアンドロイドアプリが「タクおじ」と言えそうだ。(町田大士)

おすすめサイト