アンドロイドアプリレビュー

スマホで“紫外線量”が分かる画期的アプリ 「大正製薬 UVコパトーン」の実力

日差しが強い夏に気になるのは紫外線。5~8月はとくに紫外線量のピークと言われている。曇っていても紫外線はつねに降り注いでいるため、対策をしておかないと肌や髪にダメージを負ってしまう。その他にも、免疫力が下がったり、皮膚がんや白内障の原因にもなりかねないのだ。

そこで、“スマホで紫外線量が分かる画期的アプリ”として話題になっているのが「大正製薬 UVコパトーン」。しかし、スマホには紫外線センサーなどは付いていないハズ。アプリでどうやって紫外線を測るのだろう。さっそく試してみた。

アプリを起動し「UVスカウター」を選ぶとカメラが起動する。そこで屋外を撮影してみると、現実の風景に重なって「UVレベル4」「汗かき指数3」などの数値が表示される。さらに、日焼け止めクリームの効果が薄れる頃にアラームを鳴らして塗り直し時間を教えてくれる「UVアラーム」や1週間の天気とUVレベル予報が分かる「今日のUVデータ」など、紫外線対策に役立つ機能が盛り沢山だ。

しかし、スマホのカメラで目に見えない紫外線を測定できるのはスゴイ…と思いきや、実はこのアプリは、GPSを利用して各市町村レベルの紫外線値を取得し表示するというもの。カメラは言わば演出として使っているだけだが、当日の気温や降水確率、紫外線量の情報が写真で記録でき、フェイスブックなどでも共有できる点は評価したい。

リリース元の大正製薬は、現在「アクティブ女子の日焼けどめ」との キャッチコピーでUVケア製品「コパトーン」シリーズのキャンペーンを実施中。コパトーンの歴史は意外に古く、1944年に元米軍パイロットだったベンジャミン・グリーンが、軍用の紫外線対策製品を商品化したのが始まり。それから約70年に渡り、愛されている老舗ブランドなのだ。

そんなコパトーンが生んだ初のアプリが「大正製薬 UVコパトーン」。スマホで手軽に紫外線対策が可能なアプリとして、気になる女のコにもオススメしてみたい。(町田大士)

post-59853_t

大正製薬 UVコパトーン

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,健康/生活
価格 無料
デベロッパ名 大正製薬株式会社

おすすめサイト