アンドロイドアプリレビュー

個人開発のゲームアプリ 「ワールドゲートRPG」の画期的面白さ

「これで無料とは信じられない(^^)」、「文句なしのボリュームとやり込み要素ありで長く遊べるRPGだと思います」。ユーザーレビューにそんな絶賛の声が殺到しているアンドロイドアプリが「ワールドゲート RPG」。

このアプリはパーティを組んでモンスターと戦うというオーソドックスなRPGだが、戦いの舞台となるのはなんとGoogleマップ。実在の都市や観光名所のダンジョンを探索していくという一風変わったものになっている。

ダンジョンとなる地点は「福岡」や「広島」、「万里の長城」、「ルール工業地帯」など世界各地にまたがり、これらをポチポチと探して歩くだけでも非常に面白い。敵を倒してレベルアップするなどの成長要素のほかにも、パーティメンバーにリンクさせる140種類もの召喚獣、不定期で開催されるイベントダンジョン等、やり込み要素は膨大。ダンジョンを探索してレアアイテムを探すなど、コツコツ楽しむにはうってつけのゲームとなっている。

このゲームをリリースしたのはTK PRJと名乗る個人デベロッパーのT氏。前作の「RPG ワールドノート」でもGoogleマップを使ったゲーム内容が話題を集めたが、開発に至った背景などをインタビューしてみた。

――前作「ワールドノート」も同様ですが、”GoogleMapを使ったRPG”という発想はどのように生まれたのでしょうか?
Androidで何か作りたいと勉強していた時に、本職の業務で緯度経度を持つデータを扱っていたのですが、これを応用すればGoogleMapでモンスターの出現範囲を決められると思いました。

――「ワールドゲート」は「ワールドノート」よりもユーザーフレンドリーで親しみやすさを感じます。どんな違いを出そうと思いましたか?
ドラクエっぽくモノトーンが基調だったUIを一新して、青を基調としたオシャレなUIにしたいという想いがありました。その中で流行を取り入れようと、パズドラなんかをインスパイアしてみたり。結局実力が伴ってなくて中途半端感になってしまった感はありますが。

――開発していて苦労した点、良かった点はどんなところですか?
とにかく時間がない事が一番の問題でした。日中は仕事をして帰ってから夜中に作業をする事がほとんどだったのでずっと睡眠不足でした。時間を忘れて作業に没頭して、気づいたら朝5時になっていて、会社を遅刻したこともありました(笑)。トイレやお風呂でも常にアイデアを練っていましたね。良かった点は、「モノ作りって楽しい」と改めて実感したことですね。

――個人で開発されているとのことですが、収益面はいかがでしょうか?
アプリ開発だけでは生活はできませんが、世の中のお父さんのお小遣いとしては過ぎるほどです。

冒頭でも紹介したとおりユーザーからの評価は非常に高く、平均評価は4.7。これなら開発の苦労も報われるだろう。やり込み型RPGが好きなら絶対に試してみて損はないアンドロイドアプリが「ワールドゲート RPG」と言える。コツコツとキャラを育てる楽しみを味わいたいならぜひオススメだ。(岡嶋佑介)

post-58951_t

ワールドゲート RPG

カテゴリ RPG,アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 無料
デベロッパ名 TK PRJ

おすすめサイト