アンドロイドアプリレビュー

LINEの“既読を防ぐ”アプリ 「こっそり読めるもん」がこっそりリリース

ユーザー数は今や日本国内だけで4500万人。実に日本人の3人に1人が利用している無料通話アプリがLINEだ。しかし、普及が進むにつれて囁かれ始めたのが、「LINE疲れ」という言葉。最近実施された「大学生のLINE利用実態調査」によると、半数近くの学生が「LINEのトーク利用で疲れを感じることがある」と回答。また、7割以上の学生が「既読が相手に分かるので返事をしなければ悪いと思う」と答えている

そんな中、注目を浴びているアンドロイドアプリが「こっそり読めるもん」だ。
こっそり読めるもん_1こっそり読めるもん_2
マーケットの説明文によると、このアプリは「某メッセージアプリで“既読”を付けないアプリです」とのこと。

LINEでは、メッセージを相手が読むと「既読」と表示されるが、「こっそり読めるもん」は、その“既読”表示を防ぐためのツールだ。編集部でも実際に試してみたところ、本当に“既読”が表示されなかった。使い方は非常に簡単で、LINEのメッセージが届いたら当アプリを起動して「こっそり起動」というボタンを押すだけ。すると、「こっそりモード」と呼ばれる、既読表示がつかない状態でLINEを起動できる。その後は通常通りメッセージを確認することが可能だ。
こっそり読めるもん_4
また、「普通に起動」ボタンは、トークリスト画面が必ず開くようにLINEを起動するもの。トーク相手の個別画面が開かないので、他の友達からのメッセージが届いてウッカリ起動したら、既読になったという事態も防げるだろう。

さらに、このアプリ内には「小ワザ」というLINEで使える小ネタをまとめたコラムも用意されている。「ブロックされているかどうかを調べる方法」や「ゲームからの通知をオフにする方法」など、知っていると便利な豆知識が並んでいる。

LINEの爆発的普及により、ネットでは「既読スルー」や「既読無視」といった言葉も生まれた。ユーザー数の増加に比例してLINEにまつわる悩みも増えている。「既読なのに返信をしてくれない」と、恋人や友達に不安を感じさせたくない人にぜひ試してもらいたいアンドロイドアプリが「こっそり読めるもん」だ。(EXドロイド編集部)

おすすめサイト