アンドロイドアプリレビュー

JR東日本「列車運行情報 プッシュ通知アプリ」 レビュー欄に賛否両論が殺到中!!?

駅構内で公衆無線LANサービスを開始するなど、スマホユーザーを意識したサービス展開を図っているJR東日本。そのJR東日本が公式アプリ「JR東日本 列車運行情報 プッシュ通知アプリ」をリリースした。公式ならではの最新の運行情報をスマホで入手できると話題になっているアプリだ。しかし、ユーザーレビューには賛否両論が殺到。

「有料版の運行情報プッシュサービスよりも便利で、設定も簡単」
「公式情報なので安心」

と、絶賛の声があがる一方、

「同じ路線で他のアプリでは通知は来てるのに、このアプリでは通知が来ない事があります」
「テレビの方が情報早い。 一部運休の情報が出てない」

といった不満の声も多い。公開後約10日で1万ダウンロードを突破しているが、レビューの書き込みは異例の多さだ。それだけ期待され、注目されているアプリと言える。

さっそくその動作を検証してみた。まず最初に会員登録を行なう。登録無しでも運行情報は取得できるが、“プッシュ通知”を受け取るためには登録が必須だ。次に「MY路線」を設定し、通知を受け取る時間帯や曜日などを細かく設定。その後、しばらくすると遅延情報が入ってくるようになった。

しかし、後日都内でJRに乗った際、ちょうど遅延が発生したのでアプリをチェックしてみると、遅延情報が表示されない。もちろんプッシュ通知も送られてきていない。どうやら、通知されるのは路線全体の遅延や運休情報のみで、数駅程度の区間での遅延情報は通知されないようだ。これについてはユーザーからも、

「毎日使う駅の何時何分発の電車がどれぐらい遅れてるかが知りたい 」
「リアルタイムに運行を確認するならTwitterが一番早いかもしれません」

といった声が上がっている。

しかし、「MY路線」に10件までの路線を登録でき、すべてプッシュ通知で運行情報をチェックできるのは非常に便利だ。速報性と情報の正確さが向上すれば、間違いなくこのジャンルの定番になりそうなアンドロイドアプリが「JR東日本 列車運行情報 プッシュ通知アプリ」。今後のアップデートに期待したい。(matt)

おすすめサイト