アンドロイド関連ニュース

エロはNOTTVを救う!!? 215億の赤字でも壇蜜、EXILE、AKBの番組は人気

当サイトでは既報の通り、壇蜜やイジリー岡田らを起用した「エロ番組の“意外な充実ぶり」が注目されているのがドコモのスマホ向け放送局「NOTTV」。6月には契約者数が100万人を突破したが、運営元の株式会社mmbiは今期215億円の赤字であることが先日明らかになった。一体NOTTVに何が起きているのか。

経済評論家の池田信夫氏は、このNOTTVの赤字のニュースを受けて、ブログに「NOTTVの謎」と題したエントリーを掲載。

「月額料金は420円だから、100万人が払っていたら売り上げは50億円を超えているはずだが、官報によれば今年3月期の売上は11.4億円なので、これは『NOTTV内蔵端末の数だろう。おかげで営業損失は216億円。株主資本が170億円だから、もう債務超過だ」と辛辣に批判している。100万契約を突破したのは今年6月のことなので、売り上げ額についての指摘はいささか的外れだが、NOTTVが厳しい状況であることに関しては異論は無い。

しかし、開始当初に「オワコン」と囁かれていたNOTTVも、現在は番組に対する支持が徐々に高まりつつある。冒頭に挙げたエロ番組は中高年に受けているし、”EXILEを裸にする”というコンセプトのバラエティ番組『EXFILE』も、ファンには貴重な情報源となっている。また、「AKB48のあんた、誰?」は、“AKB48の中で世間での認知がイマイチのメンバーにチャンスを与える番組”として人気を獲得。ネット上では、

「いろんな人が見やすい環境で『あん誰』だけは存続してくれ」
「NOTTVは糞だが、『あん誰』が終わってしまうのは困る」

といった声もあがるなど、視聴しているAKBファンは少なくないようだ。ほかにも、真っ昼間から水着の美女が登場し毎日20万円の賞金を視聴者にバラまくクイズ番組「お昼の100万円クイズLIVE」や、“日本で唯一の本格的鉄道番組”という「みんなの鉄道」など、ラインナップは豊富だ。

NOTTVの番組企画に携わったことがあるという放送作家はこう話す。

「有料放送なのでスポンサーのしがらみも少なく、自由な雰囲気で番組に取り組める。企画会議も、一昔前の深夜番組のような活気があってスタッフの士気は高いと感じました」

また、基本的に観たい人しか観ていないのでPTAなど視聴者からのクレームもほとんど来ないらしく、「番組を作る環境としては理想的」とのこと。

mmbiはそもそも、NOTTVの放送開始から3~4年で単年度黒字化を図る計画だったというから、今回の赤字についてはそれほど悲観的に捉えることはなさそうだ。むしろ、初年度に契約者数100万人突破という目標を2か月遅れながら達成し、その後も堅調に契約者数を伸ばしていることに注目すべきだろう。「オワコン」と言われたNOTTVだが、エロとEXILEとAKBを武器に、ドコモの逆襲はまだはじまったばかりだ。(岡嶋佑介)

画像引用元:NOTTV公式HP

http://www.nottv.jp/

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト