アンドロイド関連ニュース

“元AKB48・やまぐちりこ結婚”の裏でささやかれる「AV業界の黒い噂」

元人気AV女優・やまぐちりこが、13日付の自身のブログで結婚したことを明かした。やまぐちは「これが最後の更新になると思います。」とし、家族や友人への感謝の言葉を綴りながら「私事になりますが いま結婚して、幸せに暮らしています」と報告した。

やまぐちといえば、05年に「中西里菜」の名でAKB48の創立メンバーとしてデビューし、前田敦子や篠田麻里子らと共に活躍。08年に“腰痛”を理由に卒業し、その2年後に現在の芸名に改名してAVデビューした。一説には「契約金6億円」といわれ、「元国民的アイドル」と銘打たれたAVデビュー作は、1万本売れればヒットといわれるAV業界で約10万本という異例の大ヒットを記録した。

「近年はAV女優のレベルが上がり、単に可愛いというだけでは特別な売りにならなくなってきた。そこで付加価値のある“芸能人モノ”が流行したわけですが、ほとんどが誰も知らないような無名タレントばかり。しかし、やまぐちは紛れもない元アイドルで若くしてAVに転身し、新たなファンを呼び込んで業界の活性化に一役買った。最近では彼女と小向美奈子が最大の功労者といえるでしょう」(AVライター)

ブログでは幸せいっぱいの様子でファンを安心させた彼女だが、以下のような気になる記述もある。

「楽しかった時間もあるかもしれないけどそれ以上に何百倍も苦しかった 本当に苦しかったです」
「夢を叶えたくて入った世界、頑張れば頑張るほど わたしの気持ちとは 違う方へ進んでいきました 途中で引き返せないぐらい あっというまに時が進み 頑張るしかなかった むなしかったです」

また、やまぐちの実妹で同じくAV女優になった「やまぐちりく」も、引退後のブログ更新で以下のような意味深な記述をしている。

「今だから正直に言いますが あの時はその仕事を選ぶしか 私には道はありませんでした。後戻りもできず その場から逃げることもできず 自分の感情も何かの力でコントロールされているかの様でした 今だったら絶対選ぶ道ではなかった…」

姉妹そろってAV入りしたことを後悔するかのような言葉をブログに綴っている。これは一体何を意味しているのだろうか。

「業界で流れている噂によると、りこがAKB時代から親密にしていた男に彼女の母親がそそのかされ、某企業の融資を受けてビジネスを始めた。しかし、残ったのは莫大な借金だけ。それを返済するために、りこがAVデビューすることになった。だが、過密スケジュールで精神的にも肉体的にもパンク寸前になり、思ったほど作品が撮れなかったため、妹もAVデビューすることに。デビューを画策した人物は、姉妹を納得させる口実として共通の夢である『ソロシンガーデビュー』をエサにしたが、そんな話は実現しなかった。ブログの言葉は、それに対する恨み節だったのかもしれないという憶測も流れています」(AV関係者)

不況といわれるAV業界に新風を吹き込み、驚異的売上で業界を活性化させたやまぐちりこ。本物の元アイドルが20代でAVデビューするという新時代を切り開いた彼女だったが、その裏側には昔ながらの業界の暗部が広がっていたのかもしれない。(佐藤勇馬)

画像引用元:やまぐちりこオフィシャルブログ
http://blog.livedoor.jp/yamaguchirico/archives/51788594.html

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

››佐藤 勇馬の記事一覧

佐藤 勇馬

フリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にライターとしてスカウトされて以来、WEBや雑誌などでネット、携帯電話、芸能、事件、サブカル、マンガ、宗教問題などに関する記事を執筆している。媒体によっては、PN「ローリングクレイドル」で執筆することも。今年1月に著書『ケータイ廃人』(データハウス)を上梓。 Twitterアカウントは @rollingcradle

おすすめサイト