アンドロイドアプリレビュー

変態仮面をネタにしたバカゲー 「究極!おいなりさん」が面白いと評判

4月の公開以来、興行収入は1億5000万円を突破する大ヒットとなった映画「HK/変態仮面」。その影響からか、「女性用下着をかぶり、下半身を露出しつつスカートをめくる」という容疑で逮捕される会社員(25)も現れた。容疑者は「見つからないよう逃げるスリルを味わいたかった」と動機を語り、“偽変態仮面”としてネット上で話題になっている。

そんな変態仮面をモチーフにしたアンドロイドアプリが「究極!おいなりさん」だ。寿司のネタに混じって出てくる「おいなりさん」を素早くタップしスコアを競うゲームだが、時折出てくる白いおいなりさんをタップすると、ボーナスステージとして変態仮面が登場。股間のおいなりさんを激しくタップすることで高得点を狙うことができる。

アプリを起動すると寿司屋の大将が「へい、おまち」と言いつつ登場。お寿司を載せた寿司ゲタが次々と出てくるが、えびや卵、いくらやかっぱ巻きといったネタに混じって、いなり寿司がある。これをスピーディにタップするのだが、一度でもミスると即ゲームオーバーなので、慎重な操作が必要だ。

たまに、普通のおいなりさんに混じって、白い布に包まれたおいなりさんが出てくることがある。これをタップすると、「それは私のおいなりさんだ」というお馴染みのセリフとともに、変態仮面が登場。白い生地に包まれた「おいなりさん」を攻めまくることで、高得点をゲットすることができるが、変態仮面は上下左右に動き回るので、かなりの反射神経が求められる。

なお、このアプリは全国ランキングに対応しており、筆者のスコア(1万ポイント)を送信、順位を確認してみたところ、88位とのことだった。1位のスコアは10万超とのことで、おいなりさんに対する並々ならぬ思いを伺い知ることができる。レビューを確認してみると、

「ちょっと下品…おいなりさん食べられなくなりそう、苦笑」

と、女性からのものらしき書き込みが見られたが、変態仮面にとってみれば、むしろ大歓迎の感想なのかもしれない。

そんな具合に、アプリの中で変態気分に浸れるアンドロイドアプリが「究極!おいなりさん」。これから映画を見に行く人は、上映前の待ち時間などにプレイしてみるのもいいかもしれない。(近藤夢太)

post-57492_h

究極!おいなりさん

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 無料
デベロッパ名 Qerozon

おすすめサイト