アンドロイド関連ニュース

ドコモ「NOTTV」エロ番組の“意外な充実ぶり” 中年スマホユーザー向けに壇蜜、イジリー岡田を起用

2012年4月にドコモがスタートした“日本初のスマホ向け放送局”が「NOTTV」。今夏のドコモの夏モデルは「全機種NOTTV対応!」が売りとなっている。しかし、一部のネットユーザーからは「登録させられたけど一回も見ずに解約したわ」「カケラも興味が沸かない」「周囲でコレ見てるやつが一人もいねえ」などと反発の声も強いのが事実だ。

「NOTTV」は月額420円。リアルタイムでオリジナル番組を配信しており、ワンセグの10倍という画質も特徴。開局当初は「対応エリアが限られている」「見たい番組がない」と散々な評判だったがその後、対応端末や視聴エリアを拡大し、さらにはAKB48やEXILEを起用したオリジナル番組なども配信。サービス開始から1年を経て契約数は70万件を突破した。

だが、この数字にはカラクリがあるようだ。某携帯ショップ店員によると、「ドコモ端末にMNPすると一括0円などの特典が受けられますが、その条件としてNOTTVへの加入が必須となることが多い」とのこと。実際、ツイッター上でも「割引オプションのためにNOTTVに加入した」という声は数多く見られ、中には「対応エリアに入っていないのに契約を勧められた」という声も。実際に番組を視聴している人は70万人をはるかに下回るのではないだろうか。

そんなNOTTVが現在力を入れているのが、エロ方面のコンテンツだ。壇蜜とイジリー岡田がエロスのマナーをアドバイスしてくれる「壇蜜の××(チョメチョメ)」や、「『ギルガメッシュないと』以来の深夜の衝撃!」と謳う「GIRIGIRIアウト!しばらくお待ちください」などの番組を配信中。

“GIRIGIRI”の司会にはお笑いコンビのトータルテンボスを起用。セクシーアイドルらが「お尻でシュポシュポ!風船破裂バトル」といったゲームに挑戦し、公式サイトには「AVよりエロい」という記載も。天下のドコモが運営するサービスとしてはかなり踏み込んだ内容といえる。テレビの深夜番組からエロが消えて久しいが、「NOTTV」の過激路線は一定数の視聴者を掴みつつあるようだ。

そんな具合に、ネット上ではすこぶる評判が悪い「NOTTV」だが、ここは一つエロ方面に思い切り注力し、男性スマホユーザーにアピールすれば、意外と未来は明るいのかもしれない。ドコモの「反撃」はまだまだ始まったばかりだ。(岡嶋佑介)

画像引用元:NOTTVホームページ

関連記事:
開局した途端に“オワコン”と呼ばれる「NOTTV」の前途多難

Ashley Madison - Have an affair. Married Dating, Affairs, Married Women, Extramarital Affair

››岡嶋 佑介の記事一覧

岡嶋 佑介

オラオラ系ITライター。パソコン雑誌編集を経て、現在はスマートフォン、ゲー ムなどを中心に、雑誌、Web、ムックなどで幅広く執筆活動を行う。近著に「パ ソコン雑誌編集者が明かす100の仕事術」など。Twitterアカウント:@Kagekiyo666

おすすめサイト