アンドロイドアプリレビュー

ついに500万DL突破の日本語入力アプリ「Simeji」 新機能“クラウド入力”でGoogleを超えたと評判

アンドロイドの日本語入力キーボードは標準のものを使っている人も多いが、通好みのツールとして知られるのが「Simeji」というアプリ。最近のバージョンアップで「使い勝手が劇的に向上した」との評判だ。

日本語入力アプリと言えば「Google日本語入力」が“最強”とも言われているが、Simejiは「クラウド入力」という独自の機能を搭載しているのが特徴。これまでに無かった自然な文字入力が実現できたと話題になっている。

クラウド入力の特徴は、長文の変換に非常に強いこと。スマホで文字を入力する際は、文節ごとに細かく変換・確定するのが一般的だが、Simejiの場合は長文でも一発変換できる。例えば、

「おんがくをききながらはなしをききつつ」
と、異なる漢字変換になるひらがなを複数入力しても
「音楽を聴きながら話を聞きつつ」
と正確な変換が可能だ。

もっと複雑な「きしゃのきしゃがきしゃできしゃする」と入力してみると、第一候補ではないものの「貴社の記者が汽車で帰社する」と正しく一発変換できた。この文章は「Google日本語入力」では正しく変換できなかったため、いかにクラウド入力が優秀かが分かる。

また、有名人などの人名変換も広く対応している。一発変換しづらい“剛力彩芽”や“鬼龍院翔”もバッチリだ。他に、Google日本語入力にもあった“きょう”や“いま”という言葉から日付や時刻に変換する機能も搭載しており、非常に使いやすく仕上がっている。

“クラウド入力”との名前の通り、変換時にはネット接続が必要だが一度変換した言葉は端末に保存されるため、電波の届かない場所でも使い勝手は良好。使えば使うほど辞書が賢くなっていくアプリなのだ。

Simejiはもともと日本の個人デベロッパーが開発したツールを、中国のIT企業「バイドゥ」が数億円とも言われる巨額で買収したことで一躍有名になったアプリ。その後、バージョンアップを重ね、上記のクラウド入力や、初音ミクなどのキャラクターが使える「スキン」機能も実装し、機能面だけでなく見た目にもアピールできる日本語入力アプリとなった。

さらに、最近のアップデートではキーボードのデザインを自由に変更できる機能や、「スライドUI」と呼ばれる新機能も搭載するなど、精力的な改善が進められている「Simeji」。運営元が中国企業のバイドゥということで、否定的なイメージを持つ人もいるかもしれないが、500万DLを超えるダウンロード数が、その人気ぶりを裏付けていると言える。今までは標準の日本語入力で満足していた人も、この機会に新たなツールを試してみてはいかがだろうか。(町田大士)

■関連記事:
日本語入力ソフト「Simeji」の数億円買収劇 ツイッター上の反応は!!?

http://exdroid.jp/d/26018/

post-57134_t

Simeji(日本語入力キーボード)

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ツール
価格 無料
デベロッパ名 バイドゥ株式会社

おすすめサイト