アンドロイドアプリレビュー

夜10時以降しか使えない異色のアプリ 「巫女萌え祈祷ボイス」の謎すぎる内容

可愛い巫女さんからおみくじを引いて、さらには祈祷までしてもらえるアンドロイドアプリ「巫女萌え祈祷ボイス」が登場。“おみくじと巫女さん”という定番かつ最強の組み合わせが期待を煽りまくり、ランキングを急浮上中だ。

ただし、アプリ説明文によると「おみくじを引けるのは朝3時から夜の10時まで。おみくじの結果をお祓いする祈祷が夜10時から朝3時まで」と不思議な仕様になっている。時間を制限する理由は一体何なんだろう。実際に確認してみた。

メニューから「占う」を選び、スマホをシェイクするとおみくじが引ける。筆者が実際にやってみた結果はというと、凶!

これは嘆くべきなのか、それとも祈祷してもらうのに最適と喜ぶべきなのか…どちらにしてもお祓いしてもらうのが楽しみになったのは間違いない。その祈祷だが、「祈祷はと~っても神聖なもの」ということなので、夜の10時まで待機する。なんとも焦らされるアプリだ。夜の10時を過ぎるとようやく巫女さんが登場した。

「では、祈祷を始めますね。準備はいいですか?」

準備OK!と姿勢を正して画面をタップする。

「悪いことは私の祈祷で抑えることは可能ですから」

そう言ってもらえるなら安心だ。

祈祷は摂社で行なうということで、移動することに。ちなみに、「摂社」とは境内の中にある小さな神社のこと。画面が切り替わると、なぜか布団の上で巫女さんが裸になっているではないか! こ、これは…!?

「もうこんな時間ですし……祈祷は朝にして、その……えと、あ、あああああのっ!」

と、一緒の布団に入ることを勧められる。あれ、祈祷は?

「へ、変なことか、考えちゃだめですよ!……ほんのちょっとならいいですけど」

なんだこのエロゲ的展開は! しかし断る選択肢などありえない。そのまま一緒の布団で巫女さんが寝てしまうまで会話が続く。

「あなたは……わ、わたしの、こんな小さな胸でも……ふ、触れたいってお、思うのかな……って。」

むしろご褒美です。

「へ、へへへ変態ですか! わ、わわわわわわたしの胸に興味があるって……ろ、ロリコンですか!」

いやぁ、褒めすぎですよ。さらに話題が変わって、

「わたしも女の子ですから。いつか、大好きな人と結婚したいと思っていますよ?」
「う、うそ……じゃないですよね……? いつか、わたしをもらってくれるって言葉……?」

こうして夜は更けていく…。

いつのまにか本来の目的である祈祷がどこかへ行ってしまったが、これはこれでアリなのかもしれない。そんな具合に巫女さんとの夜を存分に楽しめるアンドロイドアプリが「巫女萌え祈祷ボイス」。妄想力全開で巫女萌えに浸ってみてはどうだろうか。(matt)

post-57045_t

巫女萌え祈祷ボイス

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,萌え
価格 無料
デベロッパ名 MU LLC.

おすすめサイト