アンドロイドアプリレビュー

世界100万DL突破の“緊急着陸ゲーム” 「MAYDAY! 緊急着陸」の圧倒的スリル

2009年に起きた”USエアウェイズ1549便事故”を覚えているだろうか。米国ニューヨークでジェット機がエンジントラブルにより、ハドソン川へと着水した事故だ。両翼のエンジンが完全に停止したという状況に関わらず、機長が冷静な判断で川への着水を決断。乗客乗員全員が助かったことから”ハドソン川の奇跡”とまで言われた。この事故は稀有な例だとしても、飛行機には悪天候や機体障害などの緊急事態が度々発生する。そんな劣悪な条件の中で安全着陸を目指すゲームが、このアンドロイドアプリ「MAYDAY! 緊急着陸」だ。

RELUDO社というイタリアの小さなデベロッパーのタイトルながら、既に世界で100万DL突破の人気となっている。

このゲームは、スマホで飛行機の前後左右の傾きや、エンジンの出力調整などを行いながら着陸を目指すフライトシミュレーターゲーム。適切な高度と速度を保ちながら、フラップやギアを出して滑走路に着陸させる。高度や速度はその都度適切かどうか指示が出るほか、飛行ルートも画面上に表示される。乱気流や強風、ギアが出ないなどの機体障害、あるいは機体火災など、ありとあらゆるトラブルを乗り越え、無事着陸を目指してコントロールするのがミッションだ。

機体の制御を誤り飛行経路から外れると、どんどん乗客が負傷し、死んでいく。「死ぬほどの傾きか、コレ?」と思わなくもないが、死者を出してしまうとさすがに焦る。画面左上の乗客のコンディションにも注意を払って操縦しなくてはいけないのだ。

ユーザーレビューを確認してみると、

「少し難しいけど普通に楽しい! だけどこのくらいの難しさがとてもいい♪」
「着陸するのに少しコツがありますが、やっぱり無事着陸したときはとても嬉しいです!ついクセになるゲームですね♪」
「難しいけど着陸できたら達成感がある。あと、人の命を守っているのがよくわかる」

と、難易度の高さと同時にやりがいを感じられるのが、このゲームの面白さとなっているようだ。

なお、無料で遊べるのは最初の2ステージのみで、その後は課金が必要になっている。完全版は377円だが、段階的に課金できるようにもなっている。そんな具合に、グラフィックも精細でゲームとしての完成度も非常に高いアンドロイドアプリが「MAYDAY! 緊急着陸」。デベロッパーのRELUDO社を率いるアントニオ・フェリーナ氏はイタリア最大のビデオゲームメーカー、Milestone社の創設者としても知られる人物だけに、今後の活躍に期待したい。(岡嶋佑介)

post-56986_t

MAYDAY! 緊急着陸

カテゴリ アンドロイドアプリレビュー,ゲーム
価格 無料
デベロッパ名 Reludo srl

おすすめサイト