アンドロイドアプリレビュー

【都市伝説】“小さいおじさん”をアプリ化 「妖精おじさんコレクション」が話題に

“小さいおじさん”という都市伝説をご存じだろうか。手のひらに乗るサイズのおじさんを部屋の中や街で目撃したというもので、芸能人による目撃談が非常に多いのが特徴。AKB48の大島優子やV6の岡田准、ダウンタウンの浜田らが目撃を報告しているが、特にタレントの釈由美子はこの小さいおじさんを持ちネタにしており、

「部屋でジャージを着ているおじさんを見たら、胸に『村田』と書いてあった」
「自動掃除機ルンバに追い詰められて、そのまま吸い込まれてしまった」

といった多彩な体験談を持っている。

そんな小さいおじさんをテーマにしたアンドロイドアプリが「幸せを運ぶ 妖精おじさんコレクション」。様々な小さいおじさんを捕まえ、コレクションしていく内容だが、幸せを運ぶと言われるおじさんの姿が“キモカワイイ”と話題になっている。

ゲームの内容はおじさんのエサである缶詰を設置し、缶詰に釣られて出てきたおじさんをタップして捕まえるというもの。捕まえたおじさんの人数が増えてポイントがたまると新しいステージが開放される。

おじさんたちは大好きな缶詰に群がっていたり、物陰に隠れていたりするが、こちらの気配に気づくと、逃げたり怒ったりするので、優しく捕まえてあげることが肝心。連続で捕まえると独特なキモいボイスを発するのも楽しみだと言える。

もちろんコレクション要素もあり、“ひまわりのおじさん”や“サボテンのおじさん”など、50種類以上が登場。全てのおじさんを集めると「小さな幸せ」が発生するのでコンプリートを目指してがんばりたい。

アプリのデベロッパーは衛星放送のWOWOW。同社では今回のアプリと並行して、釈由美子主演のドラマ「妖精おじさんを見た!」をYouTubeなどで公開中。WOWOWと言えば映画に登場する料理の作り方が分かる、一風変わったレシピアプリ「映画の一皿」のヒットでも知られるが、同社の新しいアプリ戦略としても注目したいのが今回の「妖精おじさん」と言える。

ユーザーレビューでは、

「最高!ポストなめこ栽培はこれしかない」
「おっさんめっちゃ キモカワイイ♡♡ 絶対ハマるって!」

と、高評価が目立つアンドロイドアプリが「幸せを運ぶ 妖精おじさんコレクション」。もしかしたら実在するかもしれない“小さいおじさん“の世界を、このアプリを通じて覗き見てみるのアリかもしれない。(町田大士)

おすすめサイト