アンドロイド関連ニュース

FB専用スマホ「Facebook Phone」 正式発表の前に“販売不振”説が浮上

以前から噂されていた「Facebook Phone」の登場がいよいよ現実味を帯びてきた。米国のフェイスブック本社は3月28日、メディア関係者向けに4月4日に開催されるAndroid関連の製品発表会の招待状を発送した。招待状には「Come See Our New Home on Android(私たちのアンドロイドの新しいホームを御覧ください)」と記載されているのみ。詳細は不明だがこの情報を米紙・ニューヨークタイムズは「Facebookの利用に特化したHTC社製のアンドロイド端末が発売される」と断定している。


記事によると「現在のFacebookにとってモバイルでの広告収益の増加は必須課題。昨年から“モバイルファースト”を合言葉に社内チームを再編し、iPhoneの開発経験を持つアップル社員を引き抜くなど、モバイルに注力してきた」とのこと。

今回発表される「Facebook Phone」は起動すると即座にFacebookのホーム画面が表示されるなど、FBの利用に特化した機能がふんだんに盛り込まれた端末と推測されている。しかし、販売にあたって最大の懸念点となるのが、AT&TやVerizonなどの大手通信キャリアからの支援を受けられるかどうかという点。「通信キャリアの側としては、自らのポジションを危うくするFacebookに協力するとはとても思えない」と記事は結ばれている。

また、一部のジャーナリストの間からも「FB専用スマホにそれほど需要があるとは思えない」といった声が出ている。

そんな具合に発表前から販売不振説が唱えられる「Facebook Phone」だが、今回の発表会でもう一つ注目されているのが、新たに開発されたというFacebookの専用アプリだ。ニュースサイト「Android Police」によると、新しいFacebookアプリはFacebook Phoneに限らず、あらゆるAndroid端末で使用可能。様々なアプリのランチャーとしても使用できる、ホームアプリとしてGoogle Playを通じ公開されるとのこと。

気になるFacebookの発表会のスケジュールは4月4日午前10時(日本時間:5日午前3時)とのこと。どんな発表が飛び出すか、注目していきたい。(EXドロイド編集部)

画像引用元:Android Police

http://www.androidpolice.com/

››EXドロイド編集部の記事一覧

EXドロイド編集部

おすすめサイト